スポンサーリンク

2014年8月29日金曜日

ミラココア風ツートンカラーをハスラーがしたら案外似合った件

最近、新車販売台数は1万4千台を突破して、絶好調のスズキ・ハスラー。そのハスラーはダイハツ・ミラココアと外見が似てると言われて久しい。

ただ不思議とミラココアの方が、ちょっとダサさを感じる。特にツートンカラーがボンネットあたりまで塗装しちゃって、個人的にはどうなん?と思ってた。

でも、そのミラココア風ツートンカラーをハスラーに塗装したら、案外似合っちゃってて驚いた。

http://cdn.mkimg.carview.co.jp/minkara/usercar/000/001/647/986/1647986/p3.jpg
これがその画像。

屋根以外も塗装しちゃうミラココア風ツートンカラーはずっとナシだと思ってたんですが、ハスラーだと何故かアリに見える不思議。

ハスラーは車高が少し高い分だけ、色具合がちょうど半分ずつに見える。だから、何となくバランスが合ってて良い。あとは一見パトカーチックってのも乙なのかも。

ミラココアがマイナーチェンジ

そういえば、そんな本家のミラココアは8月26日にマイナーチェンジ。トリンドル玲奈のCMが可愛らしい(*´Д`)ハァハァ

消費増税後の新車販売が落ち込んでて、メーカーさんも必死ということ。新型ミラココアでは燃費面ではやや向上して、リッター29kmを達成してるそう。

ただ、それよりもカラーバリエーションが豊富になったことが大きい。「160通りのバリエーション」だそう(笑)。正直ここまで選択肢があったら気が滅入っちゃうんですが、女性的には多分選択する楽しみが増えるのかも。

インパネ部分を見てみると、こんな感じ。ステアリング(ハンドル)の「C」の部分が何気に好きかも。

一方、同じく「可愛い軽自動車」で売ってたスズキのアルト・ラパン(ラパンショコラ)はラインナップから消滅する噂も。スズキとしてみたら、ハスラーがそのお株を完全に奪った感もあるので、アルト全体の戦略の見直しを図るといった感じか。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿