2013年11月9日土曜日

安定のNBOX!大躍進のスペーシア!一方新型タントは…-2013年10月軽四新車販売速報

 (http://www.zenkeijikyo.or.jp/statistics/tushosoku/1310tushosoku4.htm)

2日ほど前に軽自動車の新車販売台数が発表。詳しくはリンク先か画像を見てもらえればいいんですが、新型フィットが発売されたばかりですが一切首位から微動だにしないN-BOX。新型フィット待ちの買い控えユーザーから流入してるだけと揶揄されてましたが、N-BOXの実力は結局本物だったことが証明された。

ただNシリーズ全てが好調なわけでもなくN-ONEは9位に甘んじてるのを見ると、明暗はハッキリ分かれてる。N-ONEのルックス自体は革新的で素晴らしいんですが、逆に未来を先行しすぎてて「じゃあアレを50代60代のおっちゃん・おばちゃんが買えるか」ということを考えると微妙なんだろうなと。

一方N-BOXと同じ超ハイト系ワゴンのスペーシアは3月に新発売され、5月にはカスタムも登場し順調に販売台数を伸ばし、先月に至ってはミライースを抜いて堂々の2位。先代のパレットは月5000台もろくに売れてなかったことを考えるとまさに「大躍進」という表現がふさわしい。

そして先月にフルモデルチェンジをしたばかりのタントは、まさかの8位。アルトにすら惨敗。むしろ順位より販売台数の方が深刻。1万台にすら遠く及んでません。


何故なら、この原因は新たに導入した樹脂パーツを生産してる工場の不具合。これを先月31日にやっとダイハツは発表したんですが、少し企業姿勢を疑う。それまで試乗車すらほとんどなくユーザーの多くからはどうなってるんだという声が多数あった。

368 しあわせの黄色いナンバー [sage] 2013/10/27(日) 18:25:23.23 ID:ePWWCewM
今月のマガジンXに「新型タントが貫禄勝ち」という記事が

・スマアシ、ゴージャス指向の強い8インチナビ、子供中心の販促プロモ。普通車並みの快適さと上質さは必須アイテム
・Nボに無いピラーレスより、リアシートスライドの方が段違いにアピール力が強い
・タントの納車2ヶ月待ちは樹脂外装部品の生産遅れが理由とあるが
 販売店ではそんな情報は無くデリバリー状態も把握しているらしいw
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/kcar/1382134231/368
それにも関わらず販売店の多くでは「何の問題もない」としらを切っていた。単純に末端まで情報を流してなかっただけかも知れませんが。やっと今頃から樹脂パーツの生産が本格化していくわけですが、当然「年内には確実にほしい」など時期的な制約があるユーザーも多くいたはず。それを他車に逃さないために意図的に黙っていたとしか思えず、かなり良心的ではないなーと思ってしまった。

【スポンサーリンク】