スポンサーリンク

2016年3月6日日曜日

新型 プリウス PHVにソーラパネル採用!? フルモデルチェンジ 最新情報 まとめ

新型 プリウスが発売されて久しいですが、約1年遅れでプラグインハイブリッド版の「プリウス PHV」が今年9月か10月頃にもフルモデルチェンジされる予定。

ただパリサロン(秋ごろ開催)で日本より真っ先にワールドデビューするかも?という憶測もされてます。新型プリウスはお披露目されたのは9月か10月のアメリカだったので可能性としては十分あります。

トヨタ新型プリウスPHV フルモデルチェンジ最新情報 フロントマスク
ニューモデルマガジンX4月号
このプリウスPHVの全貌がようやく明らかになってきました。新型プリウスPHVのデザインを見ると、良い感じに奇をてらっていなくてシンプルにカッコいいです。そこで新型プリウスPHVに関する最新情報を軽くまとめてみました。



ちなみに新型プリウスの開発呼称は「680A」でしたが、新型プリウスPHVの開発呼称は「690A」になります。だから何だ?って話ですが。


グリルやヘッドランプなどフロント画像

トヨタ新型プリウスPHV フルモデルチェンジ最新情報
まず新型プリウスPHVのフロントマスクを改めて見てみると、レクサスを彷彿とさせるスピンドルグリルが採用されています。ヘッドライトには4連LEDが採用されて高級感が醸し出ています。フェンダーパネルやボンネットフードはプリウスPHV専用設計になってて、現行とは異なり手間暇とお金がかけられています。

6月6日にマイナーチェンジする新型エスティマと同様に、フォグランプの左右には縦に並んだLED状のデイライトが配置されます。そのことで秋のフルモデルチェンジでは、よりエッジが効いたスタイリッシュなデザインへ。

トヨタ新型プリウスPHV フルモデルチェンジ最新情報
ベストカー11月26日号
ベストカーさんが昨年に掴んでいるデザインと比較してもほとんど同じ。予想CGに細かい違いはあれど、自動車雑誌がゲットしてる情報はおおよそ正しいと考えられます。つまり「新型プリウスPHVのデザインはこういった方向性」でほぼ間違いないはず。


ブラックツートン?いやソーラパネルです!

トヨタ新型プリウスPHVはルーフにソーラーパネルを採用する?
マガジンX4月号
続いて新型プリウスPHVのリア部分を見てみたいと思います…と言いたいんですが、まず気になるのが「ソーラーパネル採用」の文字。

記事タイトルでも既に触れてますが、今秋のフルモデルチェンジでは何とルーフ全体がソーラーパネルになるそう!!もちろん標準装備ではなくオプション設定。

先代プリウスにもソーラーパネルがオプションで一時期用意されていたそうですが、ブラックツートンがこれだけ普及したのでデザイン性が損なわれないだろうという判断もあったのかも。

ソーラパネルで溜められる電気は知れてますが、晴れた日中であればエンジンを始動させていようがいまいが充電し続けられるので、回生エネルギーよりは電気を効率的に集められるかも知れません。

新型プリウスPHVのエンジンは、プリウスと同じく1.8Lエンジン。だから最高出力が98PS・14.5kgm、電気モーターは72PS・16.6kgm。プリウス本体の空力性能アップやバッテリーの大容量化などで、EVのみの航続距離が60kmぐらいに迫ると予想されています。現行ではFFしかありませんが、新しく4WDも設定される予定です。


リアの比較画像

最後はプリウスPHVのリア画像を改めて見てみたいと思います。

テールランプやバンパーの形状はプリウスとは異なります。プリウスのテールランプは下に向けてギュイっと食い込んでるんですが、PHVの場合は横へ向かって伸びてます。

他にもナンバープレートが設置されるパネル部分もプリウスPHVではハの字型ですが、プリウスでは逆ハの字型となってます。スポイラー中央の凹みなど分かってない部分もありますが、今秋のフルモデルチェンジではプリウスと差別化を図る工夫が随所に見られます。

トヨタ新型プリウスPHVと現行プリウスPHVのリア画像の比較
現行プリウスPHVと新型プリウスPHVの比較
ちなみに新型プリウスPHVと現行のリア部分を比較してみると、こんな感じになります。現行プリウスPHVの方がもっちゃりしたお尻をしてる印象です。

現段階では新型プリウスPHVの内装に関する情報はありませんが、ここまでプリウスとの差別化を図っていることを考えると、今秋のフルモデルチェンジでは内装部分も大胆に手がつけられるかも知れません。

…などなどを考慮すると、新型プリウスPHVの価格は廉価グレードの「S」で350万円ぐらいは余裕で超えてきそう。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿