スポンサーリンク

2016年3月4日金曜日

ランドローバー ディスカバリー フルモデルチェンジ 最新情報 まとめ

ランドローバー・ディスカバリーが2017年春以降にフルモデルチェンジするらしい。あくまで発表時期(ジュネーヴモーターショーあたり?)ですので、新型車の発売自体はもう少し先になる可能性も。

そこで新型 ディスカバリーのフルモデルチェンジ情報を簡単にまとめてみました。



新型プラットフォームPLA採用で軽量化


次期ディスカバリーでは新型プラットフォーム「PLA」が採用されます。ちなみにPLAとは「プレミアム・ライトウェイト・アーキテクチャー」の略語。

これは既に新型レンジローバーやレンジローバースポーツにも採用されていますが、軽量アルミニウム合金をふんだんに使用しているので、次期ディスカバリーでは燃費性能や走行性能が期待できます。

エンジンが新しくなるかは不明ですが、2015年に登場したディスカバリースポーツに追随するカタチで、次期ディスカバリーでも2.0L 直4ターボエンジンがメインになりそう。おそらく引き続き3.0L V6エンジンが採用される可能性もあります。日本国内には少なくともディーゼルターボは投入されない気がします。

そしてプラグインハイブリッド車もかなり遅れて設定されます。前述の2.0L ターボと8速ATにモーターを組み合わせて、EV走行のみの航続距離が20kmを越えるとか。やはり高級車や大型のSUVが燃費規制を逃れるにはPHEVの導入は避けられません。

【スポンサーリンク】




見た目はディスカバリースポーツを踏襲?

ディスカバリーはフルモデルチェンジでどういう見た目に変わるか気になります。

現行ディスカバリースポーツ
記事によると既に人気となっているディスカバリー スポーツの流れを踏襲するとかしないとか。もちろん保守的なオフロードさも残しつつも、やはり現代チックな高級車としての雰囲気を強くするらしい。

ランドローバー・レンジローバー
トータルするとレンジローバーみたいなエクステリアになるのではないかと予想してみます。

内装部分でもインパネ中央には大型のタッチスクリーンを設置。大型のヘッドアップディスプレイには速度計やタコメーターを表示するようにするとか。アウディやBMWなど高級車では一つのトレンドとなっているので可能性としては高いはず。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿