スポンサーリンク

2016年3月29日火曜日

ポルシェ 911がPHEV化!? フルモデルチェンジ 最新情報 まとめ

先日開催されたデトロイトモーターショーで、ポルシェ 911のフェイスリフトモデルが公開されました。ニューカレラSは3.0L 水平ターボにダウンサイジング。今月開催されたジュネーブモーターショーには911Rも出品されました。

このポルシェ・911 カレラが2018年春以降にもフルモデルチェンジを行う模様。そこで次期911のモデルチェンジに関する最新情報を簡単にまとめてみました。


ポルシェのハイブリッド化は既定路線


プラットフォームは同じくMMBのままですが、全長やホイールベースがやや拡大。型式も「タイプ991」から「タイプ992」に変わります。

ただカイエンがポルシェで初めてプラグインハイブリッド化されましたが、911もモデルチェンジ後にPHEV化される予定。ホイールベースが拡大されるのは、新たにハイブリッドユニットを搭載するため。

ポルシェは2015年のフランクフルトモーターショーで「ミッションEコンセプト」を掲げたように、電動化・ハイブリッド化は既定路線。そういえば自動車レースでは「911 GT3 Rハイブリッド」なるものもありました。ただ逆に言うと「2018年まで911はPHEV化されない」という言い方もできます。

リアのフェンダーから飛び出るのが給電口。まさに911がプラグインハイブリッド化される確たる証拠。

【スポンサーリンク】




次期911でもRR方式は維持される


カイエン(SE-ハイブリッド)の場合はエンジンがフロント。918スパイダーはエンジンがミッドシップ。ポルシェはアウディと同じくVWグループですので、カイエンなどは共通のプラットフォームや部品を使うことでコスト削減を狙えます。

でも911の場合は、エンジンがリアに配置されてる独特なレイアウト。現行911のレイアウトのままハイブリッド化を実現しようと思ったら、後輪はこれまでと同じようにエンジンで駆動させ、前輪部分をモーターで駆動させる方式にせざるを得ない。

ただ4WDモデルである「911カレラ4S」や「911ターボ」などが発売されているので、むしろ前輪をモーター駆動に変更することは自然な流れ。次期911もエンジンの配置は変わらないので、同じく駆動方式はRR方式が維持される…と自動車サイトや雑誌では予想している模様。

フロント軸にモーターを2個搭載してくると考えられるので、おそらく次期911はフルモデルチェンジでボンネットにある収納部分が消えるか縮小される可能性があります。そんなに利用しているお金持ちの方がいるとは思えませんが。

仮にこのPHEVモデルのグレード名を「911 SE-ハイブリッド」 と命名しておくと、この「911 SE-ハイブリッド」のパワーユニットのスペックはカレラSとGTSの間ぐらいではないかとのこと。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿