2015年9月17日木曜日

日産 EV風コンパクトSUVがカッコイイと話題に!【ガルウィング】

日産 EV風SUV グリップスコンセプト
日産自動車は9月15日(現地時間)、同日から独フランクフルトで開幕したフランクフルトモーターショー2015(IAA2015)で、スポーツクロスオーバータイプのコンセプトカー「Gripz Concept (グリップス コンセプト)」を世界初公開した。
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20150915_721369.html
ちょっと前に開催したフランクフルトモーターショーで、日産から新型コンパクトSUV「グリップスコンセプト」が出品。電気自動車リーフと同じ大容量モーターを搭載。ガソリンエンジンは発電のみに使用するとのことなのでPHEV

ただ充電するプラグの穴がないのでプラグインハイブリッド車ではないのか。どういうジャンルの車かは今のところ不明ですが、とりあえず日産の中ではハイブリッドEVシステム「Pure Drive e-Power」と呼んでるそう。

とにかくこのグリップスがカッコイイ!!

ジュークサイズでタイヤは22インチ

4100×1890×1500mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース2580mmというボディーを与えられたグリップス コンセプトは、日本と欧州のデザイナーが共同でデザインを制作。
「グリップスコンセプト」の車体スペックは4100×1890×1500mm(全長×全幅×全高)。日産・ジュークが4135×1765×1565mm(全長×全幅×全高)なので、全幅を除くとほぼほぼ変わらない。だから車体は比較的コンパクト。キャッシュカイ(デュアリス)よりは一回り小さい程度。

大径の22インチホイールはレース用自転車から着想を得た3スポークスタイル
それにも関わらず履かせてるタイヤが22インチホイール!デッカ!メルセデスベンツSクラスとかが履いてるレベル?

日産 グリップスコンセプト 異様にタイヤが大きい
だから最初はレクサス「LS-FA」のように車幅が異様に細いなーと思ってたら、単にタイヤがゴツすぎるだけだった。まあ法律では車体からタイヤがはみ出しちゃいけなかったはずなので、現実的には難しいとは思われますが。

ドアは観音開きのガルウィング!

日産 グリップスコンセプトはガルウィング+観音開き
横から見ると異様にタイヤの大きさが目立つ。そもそもサイドドアがガルウィング!最近某イベントでトヨタ・86がガルウィング化したこともありますが、自動車メーカーさんの間では地味にブームってる?

しかも観音開きタイプ!ロールスロイスとかが典型なので正直狙いすぎじゃね?と思ってましたが、意外に観音開きタイプのドアってコンパクトカーほど合理的かつ実用的なのかも。どうしてもセンターピラーがあると全長が長くなってしまうわけですが、観音開きタイプだと省スペース化が図れる。コンパクトカーだけに限らず「軽自動車クーペ」を作るときなんかもアリなアプローチかも。

走行性能や動力性能は?

日産 グリップスコンセプト 室内車内
グリップスの室内はこんなイメージ。かなりスポーティー。レース用自転車のサドルを参考にしてるらしくシートは穴開きで、かなり革新的なデザイン。一応2シーターではなく4人乗り可能。ダッシュボードでもシュッと細く仕上がってて、円形のモチーフと共に一体感みたいなんもあります。

冒頭でも書きましたが、モーターはリーフと同じ。ガソリンエンジンは積んでるものの、あくまで発電のみ。EVやプラグインハイブリッド車だと充電のための施設が必要ですが、ガソリンエンジンで発電するから新たな施設が不要というメリットがありそう。だったらわざわざEV仕様にする意味があるのかって話ですが。

とりあえずリーフのモーターのスペックを見てみると最高出力が109馬力、最大トルクは254N・m (25.9kgf・m)。だからスペック的にはマツダ・CX-3並。

発電するためのエンジンを積んで、走行するためのモーターもバッテリーも積んでということになると、グリップスの車重はかなり重くなりそうですが、それでもCX-3の試乗感想を見る限りはそこまで鈍重な走行にはならない気はします。確かリーフでも車重が1.4トンちょいですから。

このグリップスが走行してる映像を見るとかなりキビキビ…と言いたいところですが、これがCGだと気付くのに少し時間がかかったのは内緒。最近のCG技術もパネー!

【スポンサーリンク】

0 件のコメント:

コメントを投稿