スポンサーリンク

2015年9月24日木曜日

営業車を私用で使って交通事故を起こしたらどうなる?

営業マンに欠かせないのが社用車。あちこち駆けずり回ってペコペコと頭を下げては、色んな契約を勝ち取ってくるサラリーマン戦士。

ただ会社にずっと張り付いてるわけではないので、どうしてもプライベートと仕事の境目が薄くなりがち。そこで基本的にやっちゃダメなんでしょうが、プライベートで営業車・社用車を利用してる人も中にはいそう。

でもいざ交通事故を起こしてしまうと、一体どこに責任が及ぶんでしょうか?



全部自己責任

JAF10月号にその答えが載ってましたが、やはり言うまでもなく全部自己責任。「業務の執行中」については信義則上免責されることも多いものの、やはりプライベートで使用していたら問題外。ただ奥さんや子供が倒れて病院に向かってる…とかみたいな事情があれば別かも。

事故を起こしたことに対する懲戒処分を受けるだけではなく、会社からは損害賠償請求も起こされます。修理費用だけではなく、大きな交通事故だったら代車費用なども求められます。おそらく裁判は起こさずに給料から天引きというカタチか。

もちろん会社が「私用で使ってもいいでー」と許可を出してくれてたら別ですが、保険の問題もあってそういう会社が多いとは思えません。ただでさえしんどい仕事だと思われますので、泣きっ面に蜂とならないようにプライベートではマイカーを使いましょう。当然っちゃ当然のお話でした。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿