スポンサーリンク

2016年6月13日月曜日

ホンダで2016年以降に生産中止 or 開発中止される車種まとめ

つい先日、ホンダのハイブリッドコンパクトスポーツ「CR-Z」が生産中止されたことは記憶に新しいです。その記事では軽く敗因を分析してみました。

ただホンダが生産中止や販売中止される車種はまだまだ存在するらしいです。そこでその一覧をまとめてみました。



ニューモデルマガジンX7月号
magXさんによると、こんな感じで5車種。一番上には前述のCR-Zが真っ先に書かれているので、この記事の信ぴょう性が高いように思えるので記事化してみました。

そこで上から順番に見てみると、「新ジャンル商品2モデル」の開発中止とありますが、こちらはまだ具体的なコンセプトの設計にすら至っていなかったモデルとのこと。2019年と2022年の投入を予定していたそうですが頓挫。

続いて今夏にアメリカで復活する予定のNSX。V6ハイブリッドのパワートレインを軸としたマッスルすぎるスポーツカー。だから「キャラクターがぼやけるから」という理由で普通のガソリンNAエンジンの投入は見送られるそうです。NSXは完全な手作りってことでコスト面の影響も大きそう。

そしてホンダのフラッグシップモデルである「レジェンド」。レジェンドは2015年に復活しましたが、早くも国内撤退が予定されているらしい。平均月販100台も売れてないのでさもありなん。レジェンドは海外名は「RLX」というアキュラブランドとして販売してるんですが、こちらが2022年にフルモデルチェンジを予定してるのでそれと共に…みたいなことらしい。

ラストはホンダ・N-BOXスラッシュ。後部がスライドドアではなくヒンジドア。全高は100mmもN-BOX本体より低く設計されたり、給油口をメッキ状に仕上げたり内装が若者向けに設定されるなど、わりかし挑戦的な試みがされたモデル。

エヌボックススラッシュは月販平均台数が1000台前後とそこそこ売れてると思うんですが、N-BOXそのものは来年早々にもフルモデルチェンジされるのでそれと共に去りぬ。エヌボスラッシュは2018年のマイナーチェンジと2020年のフルモデルチェンジを予定してたとか。

理由としては「ホンダの開発力の弱さ」が根本にあるらしい。その真偽は分かりませんが、いわゆる「選択と集中」を進めていく模様。その中で売れない車種が淘汰されていきます。だから今年中にSUVのCR-Vがフルモデルチェンジされますが、日本だと月販100台も売れてないのでコチラもヤバそうか。

もちろんあくまで予定の話ですので正式発表されるまで、もしかしたら撤回される可能性もあります。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿