スポンサーリンク

2016年6月19日日曜日

ダイハツ コペンのおすすめ人気グレード

ダイハツの軽オープンカー「コペン」にはエクプレイ、ローブ、セロの三種類のグレードが発売されてますが、果たしてどのグレードがおすすめなんでしょうか?



やはりセロが人気グレードでおすすめ

driver オール国産車輸入車完全アルバム2016
結論から書くと、セロが人気。コペンオーナー全体の5割ぐらいがセロを支持しているそう。コペンセロの方がローブなどより若干お高めなんですが、懐古ユーザーが再びこぞって買っているのかなーと推察されます。

コペンは最初「ローブ」というグレードが発売されたんですが、吊り目風のルックスの評判があまり良くなったらしい。そのことが如実に反映された結果か。セロを投入してなかったら今頃は…と言いたいところですが、コペンの月販平均台数は500台と落ち着いてる状態。どちらかと言えばS660に需要を奪われて、相対的にセロが多くなっている気もします。

そういえば4月にローブの新しくオプション設定に追加された「カラーフォーメーション TypeA」というレッドとブラックのツートンカラーがカッコいい。ローブはSと含めても35%近くが支持しているので、今後はローブが巻き返す可能性もありそうです。

逆に「エクスプレイ」が悲惨。空気すぎにも程がある。何故なら「コペン ローブとエクスプレイの違いまとめ」という記事を随分前に書きましたが、ほぼほぼ見た目に違いがないから。差別化もへったくれもありません。きっとダイハツの中の人も見分けがあまり付かないでしょう(笑)

ちなみに「セロクーペ」なるものが秋ごろに登場するとか。オープンカーではなく、クーペ風スタイルのモデル。また「コペン アドベンチャー」という新しいグレードも投入されるらしい。真実かどうかは不明ですが、どのみち「セロ」の独壇場が続くことに違いはないか。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】