スポンサーリンク

2016年2月22日月曜日

日産 GT-R 2017年 モデル発売へ!最新情報 まとめ

日産・GT-Rは開発責任者の水野和敏さんが「毎年進化させる」と言ってましたが、確か2015年において日本国内では特に年次改良(2016年モデル)が行われていなかった気がします。

日産 GTR 2017年モデルが発売へ リア画像
ニューモデルマガジンX3月号
でも今年2016年後半にも2016年モデルのGT-Rが大幅改良されて発売されるらしい。雑誌内では「安心して下さい。日産GT-Rの進化は止まりませんよ。水野和敏はウソはついてませんよ」とのこと。



まずリア部分を見てみると、エアダクトの形状が縦方向に仕切られているのも特徴的。現行GT-Rは横に仕切りがされて、上下に二つのダクトがある感じ。アンダースポイラーやトランクスポイラーは大型化。

日産 GTR 2017年モデルが発売へ フロントマスクの画像
ニューモデルマガジンX3月号
2017年モデル版GT-Rのフロントマスクを見てみると、エアインテークあたりのデザインが変更されてそうな気配とのこと。ラジエーターグリルには整流板が追加されて、エンジンルームに空気を効率的に入れやすくなって冷却性能がアップ。フロントスポイラーはエラが張ったようなデザインへ。コーナースポイラーはフィン状に変化。

2017年モデルのGT-Rは細かく手直しされてて、全体的には空力性能が高められていそうな雰囲気。

日産 GTR 2017年モデルのフロントマスクの予想画像
ニューモデルマガジンX3月号
2017年モデルのGT-Rの予想図はこんな感じだそう。ホイールもV字型スポークを採用したデザインに変更されて、よりスポーティーな出で立ちへ。静粛性も高められるウワサもあって、サスペンションあたりの手直しが行われる可能性も?

あと日産が絶賛チカラを入れてる自動ブレーキは付きませんが、ルームミラーにセンサーが付いてるのを見ると自動ハイビームが設定される模様。デイズに軽自動車として初めて搭載されたことは記憶に新しいです。


GT-Rのフルモデルチェンジは2019年以降?そして600馬力へ?

日産 GTR 2019年頃にフルモデルチェンジを予定?
ベストカー2月20日号
ちなみにGT-Rのフルモデルチェンジ時期は2019年ぐらいになりそうとのこと。つまり今年中に発売される2017年モデルGT-Rはモデル末期もいいところなんですが、その割には結構な大幅改良になりそうなことが伺えます。

記事では次期GT-Rでは「V6 3Lターボ+モーターで600馬力級へ」と書かれてます。現行GT-Rのエンジンラインナップは「3.8LのV6ツインターボエンジン」。これはずっと変更されてませんが、これまでのスペックを振り返ってみると実はちょこちょこパワーアップし続けてるGT-R。

2007年12月から2008年11月のGT-Rは、最高出力が480PS、最大トルクは60.0kgm。
2008年12月から2010年10月のGT-Rは、最高出力が485PS、最大トルクは60.0kgm。
2010年11月から2011年10月のGT-Rは、最高出力が530PS、最大トルクは62.5kgm。
2011年11月から2016年2月現在までのGT-Rは、最高出力が550PS、最大トルクが64.5kgm。

10年ほど前の初期型と比較すると70馬力ほどハイスペック化してる。だからフルモデルチェンジで次期GT-Rが600PSに進化したとしても不思議ではありません。3.0Lにダウンサイジングするのも時代の流れと言えます。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿