スポンサーリンク

2015年5月20日水曜日

デュアルカメラがアイサイトより性能が落ちる理由

スズキ スペーシア 自動ブレーキ
先日スズキの軽自動車スペーシアがマイナーチェンジ。Sエネチャージシステムが進化して燃費も大幅アップ。

ただ最大の注目は自動ブレーキ・デュアルカメラブレーキサポート。軽自動車では初のカメラ2個を搭載。日立製の高性能なカメラで、スバルアイサイト2と同じ性能・システムを搭載してるというウワサ。

でも、スズキのデュアルカメラの方が性能としてやや落ちている。その理由を考えてみた。ちなみにダイハツ・スマートアシスト2との比較記事を参照。



カメラの配置間隔が異なる

アイサイト2はカメラとカメラの間隔が350mm。スズキの新システム、200mmになるようだ。したがって距離を測る性能という点で若干低い。
http://autoc-one.jp/suzuki/spacia/special-2181522/
この理由はシンプルで、ルームミラー付近に設置した「2つのカメラの位置」が影響してる。

デュアルカメラブレーキサポートのカメラ位置
スズキのデュアルカメラブレーキサポートの間隔がこんな感じ。

アイサイト2のカメラ位置
フォレスター
一方、スバル・アイサイト2の間隔がこんな感じ。明らかにデュアルカメラブレーキサポートの方が間隔が短い。当然カメラ同士の間隔が広い方が、それだけ周囲の状況をとらえることが可能。それが自動ブレーキとしての性能差にモロに直結する。だからデュアルカメラに追従クルーズコントロールが搭載されないんだと思う。

でも、これは仕方ない。何故なら、軽自動車と普通車の車体の大きさが違うから。もっと言うと、全幅が異なるから。例えば、スバル・フォレスターの全幅は1795mm。一方のスペーシアはいくら巨大な車体とは言え、軽自動車の全幅は1475mmと法律で決められてる。両者にはおよそ30cm近い全幅の差がある。

だからもし軽自動車でも同じように350mmという間隔でカメラ設置しようとすると、おそらくAピラーが邪魔になる。つまり周囲の状況を幅広く把握しようにも、軽自動車の場合は物理的に難しいということ。軽自動車でカメラの間隔を広げたとしても、かえって自動ブレーキとしての性能が落ちるだけなんだろうなーと。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

2 件のコメント:

  1. もともと、アイサイトはハードが日立オートモーティブ、ソフトがスバル、と言う分担での開発だと何処かの雑誌で読みました。日立が外販する際にスバル寄りもカメラ間の距離を小さくしても性能差は少ないと判断してのこのサイズだと思います。
    当然ソフトがアイサイトと同じでは無いので、アイサイトと同じ機能を実現するには特許の関係も有り難しい、もしくはお金の問題が発生するのでしょう。

    逆に言えば、アイサイトで出来る事はデュアルカメラでも出来るはずなので日立の技術陣を応援したい所ですね。

    なーんて思いますよ。

    返信削除
  2. 通りすがりですが、少し気になったので失礼します。
    wikipediaのレンジファインダーより
    カメラ間の距離は物体の距離精度に精度に影響します。
    アイサイト比で、カメラの倍率が同じなら距離精度は約6割合となります。
    またカメラの倍率は周囲の状況が見えるかの視野角に影響します。
    距離精度をアイサイトと同じにすれば、視野角が約6割合となります。
    カメラの画素数を約7割増にすれば、同じ性能になります。

    カメラ間の距離は、ワイパーで拭き取れる範囲から決まってきたと思います。
    なので、ガラスの縦を短くすれば、バスの様に左右に拭くようにすれば、ハードの性能上がったのになと思います。

    返信削除