スポンサーリンク

2015年1月4日日曜日

20年ぶり全面改良のセンチュリー 視力悪くなりそうなグリルがヤバい

トヨタ自動車は、最高級車「センチュリー」を2017年に全面改良する方針だ。全面改良は20年ぶり。電気モーターとガソリンエンジンを併用するハイブリッド車にする。
http://www.chukei-news.co.jp/news/201501/03/articles_24302.php
政府要人や皇族、経営者たち御用達の最高級車、トヨタ・センチュリーが再来年にフルモデルチェンジするらしい。

ただ新型センチュリー(東京モーターショーで出品されてたコンセプトモデル)のフロントグリルをずっと眺めてたら、めちゃめちゃ目がしばしばしてくる(笑)


20年ぶりにフルモデルチェンジするトヨタ・センチュリー(コンセプトモデル)
レスポンス
「こんな細い線、何本も要る?」と、つい思ってしまった。確かに最高級車でこそなせるワザなでしょうが、それにしても職人さん頑張りすぎ!

トヨタの現行センチュリー
Wikipedia
ちなみに現行モデルのセンチュリーがこちら。元々フロントグリルには細かい縦線があった模様。ただそれにしても新型センチュリーのフロントグリルがすごさが際立つ。

1997年からそろそろ20年も経つという、時間の流れの早さに少し恐怖を覚えますが、最近はメルセデスベンツSクラスなど1000万円クラスの高級輸入車の売れ行き好調らしいので、それをまさに象徴するようなニュース。昨年はロールスロイスも一般向けにイベントを開催したような記憶。これがもう少し下の方にも波及してくるといいなーと。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】