2014年1月18日土曜日

流行りの2トーンルーフ、どこのメーカーが一番お買い得?

赤×黒の2トーンルーフのハスラー
 最近、軽自動車において話題の『2トーンルーフ』。ざっくり説明すると、「屋根の色だけ異なる」デザインのサービス。こぞってオプションとして追加してくるメーカーも増えてきた。

そこで主要メーカー三社の価格を比較してみたいと思う。果たして、どのメーカーが一番お買い得なんでしょうか?


スズキの2トーンルーフ

まずはスズキ。やはり今最も勢いがある軽SUV・ハスラーを見てみます。


一番売れてる最上級グレードXで比較。普通のXグレードの価格は、1,369,200円。そして、その2トーンルーフでは、1,411,200円。

だから、差額は『4万2千円』

ダイハツの2トーンルーフ

ダイハツは、あまり2トーンルーフに力を入れてるイメージがありませんが、ハスラーと似てるミラココアを見てみます。

ダイハツ・ミラココアの2トーンルーフ
オプションとして用意されてるのが、Xというグレードだけ。そのメーカー希望価格を見てみると、『5万2500円』。ボンネットあたりまで塗ってるので、ややお高めなんだろうか。

ホンダの2トーンルーフ

ホンダは、最近2トーンルーフモデルが追加されたN-BOXを見てみます。

G・Lパッケージというグレードの場合、1,339,900円から購入できる。一方そこに2トーンルーフが追加された価格は1,397,650円。

つまり、およそ差額は『5万7750円』

ダイハツと比較しても、やや割高。しかもN-BOXに2トーンルーフは似合わない。天井が白地になってしまうと、カタマリ感がやや失われる。却って、エクステリアの良さが損なわれる印象。


ホンダN-BOXの2トーンルーフ
 ただN-BOXカスタムの黒いルーフはカッコいいかも。

結論

結論的には、スズキが一番お得。安全装備に関しても、ダイハツやホンダよりも1万円ほど安い。装備面の充実差ではホンダがやや優位になるものの、価格面ではやはりスズキが群を抜いてる。ハスラーが爆発的に売れてるのも、それが一因か。

そして、まず何より2トーンカラーは『ポップ』。だから一番ピッタリ合うのが、ポップなハスラー。ポップさとポップさが絶妙に相乗効果を生んでる。実際2トーンルーフの受注が相当多いらしい。改めて『見た目のデザインの重要さ』が読み取れる。

ちなみにN-BOXの場合、『ゴツゴツ感』が売りだと思うのでそこにポップさを取り込んでも違和感しか生まない。結果本来の良さが死んでしまうだけ。既にエクステリアが完成されきってる感も強く、そこに新たな要素を加えても却って無粋になる。

ミラココアに至っては、何故ボンネットあたりまで塗ってしまうの?って感じ。ハスラーと大差がないデザインのはずなのに、何故ここまで芋臭さが出てしまうのかが不思議。

【スポンサーリンク】