2017年1月12日木曜日

【4代目】新型スイフトの価格一覧とおすすめグレードの考察【どれを買えばいい?】

2017年1月にスズキの人気おすすめコンパクトカーである「スイフト」が6年半ぶりにフルモデルチェンジしました。本当はもう少し早い発売を予定していたものの、スズキは2016年に色んな紆余曲折を経ましたので新型スイフトの投入が遅れました。

ただ少し気を取り直すと言ったら変ですが、今回は4代目新型スイフトの価格一覧をまとめてみました。各グレードの装備面の違いなど、自分なりにどのグレードがおすすめなのか簡単に考察してみました。



スポンサーリンク



新型スイフト 8グレード別の価格



新型スイフトのグレード構成は全部で8グレードとかなり多め。ざっくり言うと、先代スイフトの価格から+3万円以上値上がりしてます。

まずはエントリーグレードの「XG」の価格が約134万円、ミドルグレードの「XL」の価格が約146万円「RS」の価格が約159万円。変速機はCVTでも5MTでも価格は同じ。4WDモデルの価格はそこから約+15万円の割高。ただしRS系グレードには4WDは設定されず5MTのみ。

続いてハイブリッドグレードの価格を確認すると、まずはマイルドハイブリッドが「ハイブリッドML」の価格が約162万円「ハイブリッドRS」の価格が約169万円 そしてストロングハイブリッドが「ハイブリッドSG」の価格が約167万円「ハイブリッドSL」の価格が約195万円。前者の変速機はCVTに対して、後者は5速AGSになります。

今回の新型スイフトから新たに投入された1.0L直3ターボエンジンの「RSt」の価格が170万円。変速機は6ATのみ。同ターボエンジンを先に搭載したバレーノの価格が161万円のため、新型スイフトは+9万円高。バレーノはインド産だからかお安め。


スポンサーリンク



DJE(デュアルジェットエンジン)が標準化されたことで結果的に価格は値下がり?


スイフトのグレード構成や価格構成はかなり複雑。ただ先代スイフトには「○○DJE」といったグレードもあったため、実は全体的なグレード構成はこれでも少しだけスッキリしてる。

先程は新型スイフト「XG」の価格が約3万円の値上がりしてると書いたものの、デュアルジェットエンジン(DJE)が標準化されてるためむしろ9万円ほど値下がりしてます。先代スイフト「XG-DJE」の価格は143万円だったため、むしろお値打ち感があると言えるか。

ただ後述しますがスイフト XGは様々な装備などが削られているため、個人的におすすめしません。また先代スイフトの「DJEグレード」がベースになっているため、新型スイフトの価格帯は割高感が増してることは事実であり、客寄せパンダ的な廉価グレードも決してお安いとは言えないので微妙といえば微妙。


スポンサーリンク



内装の質感がアップした分の価格転嫁


じゃあ先代スイフトの価格と比較して割高になったことは許せるのかどうか。結論から書くと、個人的には全然許せます。

上が新型スイフト、下が先代スイフト
(三栄書房 2017年コンパクトカーの全て)
何故なら、新型スイフトでは「内装の質感」がかなり高められているから。まさに欧州車も彷彿とさせ、質感高いと評判だったデミオなどと比較しても全然遜色なし。下の先代スイフトの内装を見るとかなり安っぽく見えます。今から考えるとガッカリ感がハンパない。

新型スイフトはシフトレバーも光沢感があって質感が高い。コンパクトカークラスでは極めて珍しくD型ステアリングでスポーティー。ダッシュボードもシュッと絞り込まれていて、先代スイフトの膨らんでボテッとしたダッシュボードと比較すると、視界性も良好。

新型スイフトのインテリア内装
新型スイフトは室内空間全体を見渡しても、シートはステッチが織り込まれているなど細かい部分で質感が高められてる。かなりスズキとして頑張ったと言えます。室内空間も地味の拡大されていたり、内装の質感が新型スイフトの価格に転嫁されてると思えば安いもんだと思います。

上:新型スイフト、下:先代スイフト
強いて言えば、リア周りのデザインはもう少し頑張れたのではないか。個人的な好みで言うと、ここだけは先代の方が良かった気がする。あとアンテナも流行りのシャークフィンタイプにしてほしかった。下の画像は三栄書房さんの「2017年コンパクトカーの全て」から。


スポンサーリンク


スイフトのおすすめグレードは存在しない?


ということで、新型スイフトのおすすめグレードは何なのか考察したいと思います。内外装でかなり質感が高まった新型スイフトは、果たしてどのグレードを買えばいいのか?

でも結論から書くと、正直どのグレードも微妙。あまりディスりたくはありませんが、「これがおすすめ!」と呼べるようなグレードに乏しいのが現状だと思います。

例えば一般的におすすめしやすいミドルグレードの「スイフトXL」。価格は146万円とコンパクトカーとしては平均的な価格ですが、本革巻ステアリングや16インチアルミホイールタイヤ、電動格納式リモコンドアミラーを標準装備されてるので確かにお買い得。

ただ、この「スイフトXL」にはアイドリングストップ機能が付いてない。もっと言えばガソリングレードにアイスト機能がない。街乗りだと実燃費にアイストは大きく貢献するため、これは非常に大きなマイナス。XLをベースとした「ハイブリッドML」もLEDヘッドランプやアイストが標準装備されるものの、価格は162万円まで割高になってしまうためおすすめしにくい。

他のグレードもそう。

先代スイフトで人気だった「RS」も、新型スイフトでは「XL」とほとんど装備差がないにも関わらず「RS」の価格は+13万円ほど割高の159万円。「RS」を買うぐらいなら+10万円を出して「ハイブリッドRS」を選ぶ人が多そう。

でも「ハイブリッドRS」にはMTが設定されてない。じゃあ「スイフトRS」を選択するしか無いのかというと、「スイフトXL」にMTモデルが用意されてる。あくまでMT操作を楽しみたいだけなら「スイフトXL(MTモデル)」がおすすめ。

スポンサーリンク

スイフトのグレードはどれも一長一短でおすすめしにくいが…


だから新型スイフトはグレード構成が多い割に、どれも一長一短のためおすすめしにくい。

強いて、ハイブリッド系のグレードでおすすめするのであれば、最上級グレードの「ハイブリッドRS」がおすすめ。先程の「ハイブリッドML」の価格と比較して7万円ほど割高ですが、先代スイフトと同様に欧州チューニングが施されたダンパーや電動パワステを装備。

見た目ではRS専用のエアロパーツを装備されて、ノーマルスイフトより見た目が更に洗練される。グリルの赤いライン上のガーニッシュも特徴的。他にもRS専用の内装シートやアルミホイールも装備されるなど、+7万円の範囲内であれば十分お釣りが来る内容か。

燃費性能と価格との兼ね合いを総合的に考えるなら、「ハイブリッドML」も充分おすすめと言えそうです。

他にもダウンサイジングターボが欲しいのであれば、1.0L直3ターボエンジンの「RSt」もおすすめしてみる。現状他の車メーカーも含めて、ダウンサイジングターボの選択肢が限られてる。フォード・フィエスタも撤退した今、まともなダウンサイジングターボはスイフトしかないと言ってもいいぐらい。

だから強いて言うのであれば、スイフトでおすすめできるグレードがあるなら「RS系全般のグレード」が挙げられるのかなーと思います。ちなみに既にスイフトRStの試乗記事はアップロード済みなので、「新型スイフトRStの試乗インプレッション(実燃費)」も参照してください。


スポンサーリンク


新型スイフトで一番おすすめしないグレードは?


逆に新型スイフトで一番オススメしないグレードは、エントリーグレードの「XG」

確かに価格は134万円とお安めですが、前述のように装備が削られてる。アイドリングストップ機能もなし。他のグレードではパドルシフト、16インチアルミホイールタイヤが標準装備されてるものの、「XG」はセーフティーパッケージ(+9万円)の設定すら用意されてない。

このセーフティーパッケージは追従クルーズコントロール付き自動ブレーキだけではなく、サイドカーテンエアバッグシステムも付いてくるお得なパッケージ。もちろんスイフト「XG」でも最低限の装備は搭載されてるものの、今では当たり前になった自動ブレーキをオプション設定ですら追加できないのは痛い。

まさにスイフト・XGは捨てグレードと言って構わないでしょう。

そして2017年7月に新たに投入されたスイフトハイブリッドもあまりおすすめしません。新型スイフトハイブリッドの試乗評価まとめも参考にして欲しいんですが、何故なら実燃費はそこまで向上してない上、価格が下手したら200万円近い。

さすがにスイフトでここまで価格が上昇してしまうと、余裕で新型スイフトスポーツが見えてくる。このスイフトハイブリッドから遅れて、2017年9月に発売されたスイフトスポーツの価格は180~190万円台。ましてや走行性能は非常に優秀。

詳しくは新型スイフトスポーツ(ZC33S)の試乗感想記事も参考にしていただくとして、個人的には100万台後半の金額を出すなら普通に新型スイフトスポーツを買います。もっと言うなら、先程おすすめしたものの自分ならスイフトRS系を購入するぐらいなら新型スイフトスポーツを素直に購入したいです。


スポンサーリンク



価格的には新型スイフトスポーツが実は一番おすすめ


ということで、スズキ新型スイフトの価格一覧とおすすめグレードの考察でした。

先代スイフトの売れ筋グレードは「XG(131万円)」と「RS(148万円)」だったため、これは新型スイフトでも似たような売れ筋傾向になりそう。先程はおすすめしないと書きましたが、何やかんやで新型スイフトのおすすめグレードは「XG」が一番人気になるのか。

とはいえスイフトXGを含めて、ガソリングレードは「アイドリングストップなし」。スズキ的にはマイルドハイブリッドとの差別化という苦肉の策だったのかも知れないですが、やはり「絶妙な選びづらさ」に繋がってる側面が強い。

一方、ガソリン以外のハイブリッドモデル価格は160万円以上といきなり金額が上昇してしまう。確かにライバル車のフィットハイブリッドやデミオディーゼルの価格よりもお安いものの、正直それなりのお値段がする価格帯で簡単には選択しにくい。

だから先程も触れましたが、正直160万170万円程度のお金を出してスイフトを買うぐらいなら、新型スイフトスポーツ(180万~190万円)を少し無理してでも購入した方が幸せになれるはず。

ノーマルスイフトとの価格差がなくなったことで、新型スイフトスポーツの割安感が実感しやすくなったと思います。また新型スイフトも相変わらず似たようなグレードが多く、非常にクルマ選びに迷う。一方、新型スイスポは1グレードのみのため非常に買い物しやすいと言えるでしょう。

ちなみに新型スイフトのノーマルモデルに関しては、「新型スイフト vs デミオ」「新型スイフト vs フィット」「新型スイフト vs ノート」は比較済みなので、もし良ければあとで御覧ください。

【スポンサーリンク】

0 件のコメント:

コメントを投稿