スポンサーリンク

2017年1月16日月曜日

【2017】CX-5 vs CX-3 徹底比較まとめ!結局どっちを買えばいいのか?

CX-5とCX-3の比較画像
月刊自家用車2月号
来月2017年2月2日にマツダから新型CX-5が発売。そこで最近年次改良も行われたCX-3とCX-5を比較してみたいと思います。まさに似て非なる両雄に、どこか違いあるんでしょうか?どっちが結局お買い得なSUVなんでしょうか?



かなり久しぶりに購入した月刊自家用車さんのCX-5とCX-3no比較記事を参考に考察してみました。記事を隅々まで確認しましたが、写真の撮影者は不明。編集者さんが撮影したんでしょうか?

【スポンサーリンク】




CX5とCX3の見た目は意外と違いが多いらしい


まずはCX5とCX3の見た目の違いから比較したいと思います。

左:CX-5、右:CX-3
改めて両者の画像を貼っておくと、意外と両者に違いは多い。

例えばフロントグリル。新型CX-5だとメッシュ状なのに対して、CX-3はスリット状。バンパーやエアインテークの形状にも違いが見られて、特にフォグランプというかデイライトのデザインがCX-3の方がシュッとしててカッコイイかも知れない。

車体サイズはCX-5が4545×1840×1690mmCX-3が4275×1765×1550mm(全長×全幅×全高)。言うまでもなくCX-5のサイズが大きい。でも、そのことでよりキーンルックな出で立ちに仕上がってる雰囲気もあります。特に両者の顕著な違いは全高。それだけCX-3はクーペ風のスタイルに仕上がってる。

CX-5とCX-3 比較 サイド画像
月刊自家用車2月号
サイドから画像を比較してみると、CX-3の方がよりクーペ感が強い。他にもCピラーがブラックアウト化されてるなど、やはりCX-3の方がよりスタイリッシュに見えます。逆にCX-5の方がよりクロスオーバーテイストに仕上がってる。ここらへんはそれぞれの好みか。

【スポンサーリンク】





内装インパネの質感や室内空間を比較


やはり月刊自家用車さんの比較記事を参考に、続いては室内や内装の質感について比較してみたいと思います。

CX5 CX3 内装 室内 比較画像
月刊自家用車2月号
左がCX-5、右がCX-3。一見するとどっちも質感が高め。ただCX-3は特別仕様車ということもあってシートがノーブルブランでこじゃれてるため、ややチート感があります。だから比較記事ではトータルで考えると「CX-5がやはり質感が上」と評価されてます。

何故なら、内装の質感はシートの素材や触り心地だけじゃない。やはりCX-5は車格が大きい分だけ、室内空間が広くゆとりがある。CX-5のセンターコンソールの位置が高くしたことで、シフトレバーの操作性を向上させるなど細かい配慮が行き届いてる。どうしてもCX-3はコックピット感が強いため、敢えて比較した場合はCX-5の方がよりストレスフリー。

新型CX-5の試乗記事でも触れましたが、ダンパーの改良や剛性感を高めたことによる、全席における乗り心地や快適度の向上。これら全てを勘案した上でCX-3よりも質感で勝ってるという評価が下されるのもうなずけます。


【スポンサーリンク】





荷室の広さや使い勝手の良さではやはりCX-5


続いて荷室空間やラゲッジスペースの比較。

CX5 CX3 荷室の広さ 比較画像
月刊自家用車2月号
左が新型CX-5、右がCX-3。パット見の写真からも分かるように、新型CX-5の方が圧倒的に広い。明らかに奥行き感が違います。

CX-3は右の画像にもあるように、一般的なキャリーバッグとカバンを2個積み込むのが関の山。当然ゴルフバッグを搭載することはできません(後席を動かさない状態)。CX-3はBセグメントSUVの中でも特に荷室が狭め。Aセグメントのスズキ・ソリオの荷室よりも劣る。

全幅も8cm以上も違うこともあってか、CX-5の後席シートは4:2:4分割可倒式なのに対して、CX-3は6:4分割可倒式。やはり荷室の利便性や積載性といった面でもCX-5に軍配が上がります。

だから内装や室内空間の比較も合わせて考えると、新型CX-5は「プレミアムワゴン」的な使い方が考えられる。実際、月刊自家用車さんの比較記事でも「大人4名のレジャー向けならCX-5」とワゴンユーザーにもおすすめと評価されています。CX-5は車格以上の質感の高さがあり、もはや「アテンザワゴンがライバルになる」とすら評価されてるほど。

逆にCX-3はあくまでパーソナルユース目的での使用にとどまりそう。あくまで単身者か子育てを終えた中年層がターゲットのクルマと言えて、ファミリーカー要素など幅広い用途としての利用も比較するならCX-5に軍配が上がります。

良くも悪くも、両者の個性の違いは見た目や車格の違い以上にありそうです。

【スポンサーリンク】




走りの違いは比較するまでもなく…


ラストはCX-5とCX-3の走りの比較。先日CX-3は一部改良されて、CX-5より先駆けてナチュラルサウンドスムーザーやGベクタリングコントロールを採用。装備や機能面では大きな違いはありません。

ただCX-5に搭載されてるエンジンは「2.2直4Lディーゼルターボエンジン」、CX-3に搭載されてるエンジンは「1.5L直4ディーゼルターボエンジン」の違いからも分かるように、特に比較するまでもないでしょう。

CX-5の2.2直4Lディーゼルターボの最高出力は175PS、最大トルクは42.8kgm。一方、CX-3の1.5L直4ディーゼルターボは最高出力が105PS、最大トルクは27.5kgm。数値上で比較しても、1.5倍以上の差がある。

それだけCX-5はトルクが太く、それだけ余裕のある走りを体感できる証拠。車重はCX-3と比較して300kg近い差があるものの、2017年2月のフルモデルチェンジで新型CX-5は部品一つ一つが改良されて車体全体の剛性感がアップして、静粛性も大幅に高まってる。

やはりCX-3の走りの方が優れてるとする人は少ないのではなかろうか。


【スポンサーリンク】




CX5とCX3の比較総括


以上、新型CX5とCX3を比較してみましたが、やはりCX5があらゆる面でCX3を上回っていると言わざるを得ないでしょう。

それは価格面でも同様の傾向なんですが、CX3はディーゼルターボ車しか用意されてないので価格は全体的に割高。そういうこともあってか、同じディーゼルモデル同士だとCX5とCX3の価格差は35万円程度。更にCX5の一番安いガソリンモデルと比較すると、CX3との価格差は10万円程度しかない。

じゃあ、この価格差をどう考えるかって話になります。でも結論から言えば、この程度の価格差だったら、俺なら素直に新型CX5を買いたい。さらに言えば、個人的にはCX3の価格はCX5からもう50万60万ぐらいは安くあって欲しい

何故なら先代CX5の内装は正直イケてなかったから、質感の高い内装にCX-3に流れた人も多そう。だからCX3の割高な価格帯も許容されてたと思うんですが、新型CX5は今冬のフルモデルチェンジでかなり質感が高められた以上、CX-3は数少ないお株を奪われたカタチ。

そうすると「買いやすさ」という点でCX-3はやはり何かと不利。今後はもしかするとCX3のラインナップにガソリンモデルを用意してくる可能性が高そう。CX-3を潰すのがホンダ・ヴェゼルでもなく、トヨタ・C-HRでもなく、スズキ・イグニスでもなく、まさか同じマツダのCX-5だったとは…というオチで締めくくってみました。

ちなみにCX-3とC-HRは既に比較済み。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿