スポンサーリンク

2017年1月28日土曜日

【2017年7月】ノア・ヴォクシーがマイナーチェンジ!見た目一新でどう変わる?

トヨタの人気ミニバン車といえば、ノア・ヴォクシー。2014年1月に販売が開始したものの、未だに人気。

特にヴォクシーに至っては、ライバル車種である日産セレナやホンダ・ステップワゴンを販売台数で大きく突き放します。ちなみに「ノア・ヴォクシー vs ステップワゴン」と「ノア・ヴォクシー vs セレナ」の比較記事も良かったらご覧ください。

マガジンX3月号
この現行ノア・ヴォクシーが初めてのマイナーチェンジ。発売時期は今年2017年7月ということで約3年半ぶりの大幅テコ入れ。そして画像にもあるように今夏のマイナーチェンジの目玉はエクステリアの変更。

そこでノア・ヴォクシーが今夏に行われるマイナーチェンジ情報について簡単にまとめてみました。



【スポンサーリンク】



ヴォクシーの顔立ちはやや大人しめにマイナーチェンジ?


今夏のマイナーチェンジで主に変更されるのは、フロントマスク。既に偽装されたヴォクシーが確認されているため、情報の確度としては高め。そのスクープ写真はマガジンX本誌でご確認ください。

このヴォクシーのテストカーのフロントマスクが偽装でガッチリ固められていることから、今夏2017年7月のマイナーチェンジではフロントマスクが一新されることは想像に難くないということ。

マガジンX3月号
ということで改めてマイナーチェンジ後のヴォクシーの予想画を貼っておくと、こんなフロントマスクにマイナーチェンジするらしい。

サイドへと回り込むヘッドランプやフロントバンパーが刷新」されるとのことで、自動車雑誌予想ではマイナーチェンジ後にフォグランプ周辺のエアダクトなどが独立したデザインに変更されるのでは?との見立て。

ヴォクシーZS(エアロパーツ有りグレード)は既にフォグランプなどが独立したデザインなので、そこにヴォクシーのノーマルグレードも寄せていくのかも。もしこの予想画が正しいのであれば、マイナーチェンジ後は現行ヴォクシーよりやや大人しめのデザインに変更されるのか。

他にも偽装部分をチェックすると、マイナーチェンジ後のヴォクシーはリアコンビランプあたりのデザインも変更されそうです。

ノアのマイナーチェンジ情報は乏しいものの、ヴォクシーと同様にマイナーチェンジ後は内外装が一新されるに違いありません。ノアはヴォクシーより法人向けの需要が多いミニバンらしく、マイナーチェンジ後は原点に立ち返ってヴォクシー以上に控えめのデザインに変更されるか。

ちなみにこのマイナーチェンジ時にノア・ヴォクシーの「G’sグレード」が消滅する可能性がありそう。その件については「トヨタのG'sシリーズとRSグレードが消滅」という記事を参照。


【スポンサーリンク】




マイナーチェンジでTNGA用新型2.0Lエンジンに換装される?


そして今夏のマイナーチェンジで最大の注目点はエンジン。

先日、新型カムリがアメリカのモーターショーで初お披露目。そこでTNGA世代に新しく開発された2.5Lエンジンが搭載されることが話題に。「ダイナミックフォースエンジン」と呼ばれるそれは、熱効率を高めることで大幅にエネルギーロスを実現させたエンジン。

この2.0Lエンジン版が既に開発されていて、今夏のマイナーチェンジからノア・ヴォクシーにも搭載されるのではないか?との予想。これはかなり大胆な予想であって、正直実現されるかは個人的に微妙だと思います。

でも遅かれ早かれ、この新型2.0Lエンジンはノア・ヴォクシーにも搭載されるはず。あくまでノア・ヴォクシーの売れ筋はガソリン車。このカタログ燃費が20km/L程度に迫る可能性大だとしたら、ノア・ヴォクシーのライバルミニバンも戦々恐々か。

今夏のマイナーチェンジ関係なく、ノア・ヴォクシーの購入を考えてるファミリー層は頭の片隅に置いておくといいのかも。現状としてはまだまだマイナーチェンジ情報は少ないですが、個人的にはノア・ヴォクシーの特別仕様車のテコ入れも施されると勝手に予想してみる。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿