スポンサーリンク

2017年1月9日月曜日

【2018】マツダ新型アクセラ 最新フルモデルチェンジ情報まとめ

現行アクセラは2013年11月に登場。マツダを代表するCセグメントカーで、トヨタ・プリウスやスバル・インプレッサなどが競合車種として知られています。アクセラ vs 新型インプレッサの比較記事も参照。

だから既に発売から3年ちょいが経過してるわけですが、日経新聞によるとそろそろフルモデルチェンジするらしいので新型4代目アクセラに関する最新情報を簡単にまとめてみました。


新型アクセラの発売時期は2018年11月頃か?

まず気になるのが新型アクセラのフルモデルチェンジ時期。2017年1月9日発の日経新聞による「現行アクセラの発売から5年後にあたる2018年度末にフルモデルチェンジ」するとのこと。

冒頭でも触れたように現行アクセラがフルモデルチェンジしたのは2013年11月。ちょうどこのブログも書き始めた頃。そんなどうでもいい情報はさておき、最近のマツダのモデル周期はぴったり数年後ってパターンが多い気がするので、そう仮定すると新型アクセラの発売時期は2018年11月と予想されます。

ただ日経新聞のフルモデルチェンジ情報だと「2018年度末」と幅広い表現がされてるので、もしかすると最大2019年春頃に発売時期がずれ込む可能性もあります。その理由は新型アクセラに搭載される「目玉となる武器」の出来いかんに左右されると考えられるから。


【スポンサーリンク】



フルモデルチェンジで搭載されるHCCIとは?

じゃあマツダ新型アクセラに搭載される目玉武器とは何なのか?それが「予混合圧縮着火(HCCI)」と呼ばれるガソリンエンジンに関する新技術。そしてスカイアクティブ2の目玉技術。ちなみにHCCIは「Homogeneous Charge Compression Ignition」の略称。特に覚えなくて構いません(笑)

このHCCIは数年前に既にマツダが発表してる技術だったようですが、この開発は困難を極める。既に日産自動車など他の自動車メーカーも開発していたものの、あまり進展してないのが証拠でしょう。

ただ今回日経新聞がアクセラのフルモデルチェンジを報じたことで、いよいよマツダが真っ先にHCCIの実用化と量産化の目処が立ったと考えて良さそうです。じゃあ何故「予混合圧縮着火(HCCI)」の開発は困難を極めるのか。

まずHCCIとは一体どういう仕組なのか簡単に説明しておくと、空気と気化したガソリン燃料を十分混合させた後に、そのまま点火プラグなどを使用せずに圧力を高めることで圧縮着火させるという技術。

仕組み的には軽油を自己発火させて燃料を点火するディーゼルエンジンと似てるわけですが、このHCCIは燃料噴射ポイントから燃焼が広がるディーゼルエンジンとは違って、あらゆるポイントから燃焼が広がるのでディーゼルより燃焼効率が高い。

要はめっちゃ低燃費仕様なエンジン。新型アクセラでは現行比で30%ほどカタログ燃費が向上するかもとのこと。だから新型アクセラ(ガソリンエンジンモデル)のカタログ燃費は20km/L台後半あたりまで伸びそう。

マツダ自動車
ただHCCIは効率的に燃焼できる範囲がめちゃめちゃ狭い。左画像からも分かるように低回転域のごく一部だけ。だからHCCIは意外と実燃費面で貢献せず諦めるメーカーも多かった。でも今回の日経新聞のフルモデルチェンジ情報を信用する限り、マツダはHCCIの燃焼範囲を広げることに成功した模様(画像右)。

あくまでアクセラフルモデルチェンジの記事なので、HCCIに関する情報は更に詳しく書かれてる他のブログや自動車サイトに任せますが、HCCIで燃焼できる範囲が中負荷以下と条件が限られてくるので、逆に言えば高回転域はかなり弱いと考えられます。

もちろんフルモデルチェンジ後も頻繁に一部改良でHCCIの弱点を改善していくと考えられますが、だから日産ノートe-POWERの試乗や実燃費の良さを考えると、新型アクセラではHCCIとシリーズハイブリッドと組み合わせても面白いかも知れません。むしろ発電用ガソリンエンジンにこそ向いてると言った方がいいか。うーん、こりゃ新型アクセラさん期待できます。


スカイアクティブ2の初採用は新型アクセラなのか?

ただ気になるのはマツダ・アテンザも同じ2018年にフルモデルチェンジするかも知れないということ。自動車雑誌では大きな目玉となる「スカイアクティブ2」の採用も新型アテンザが初めてではないかと言われてる。

でも冒頭で書いたように日経新聞曰く、初めてスカイアクティブ2が搭載されるのは新型アクセラ。似たような車名なので勘違いが起きてる可能性もなくはないですが、フルモデルチェンジ時期が大きく違わないのであればフツーは上級モデルに先に最新技術を投入するべき。

ってことはマツダ・アテンザのフルモデルチェンジはアクセラより遅れて2019年にずれ込む可能性もありそう。ただアクセラもアテンザも現行モデルが発売したのは「11月」なので、もしかするとどちらも同時にフルモデルチェンジされる可能性もあるか。そうなると2018年はマツダユーザーにとってはかなりワクワクする年になりそうです。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿