スポンサーリンク

2016年11月8日火曜日

【次期型】スイフト フルモデルチェンジ最新情報まとめ!新型デザインが割りとカッコいい

スイフト フルモデルチェンジ最新情報まとめ
ベストカー5月10日号
2010年8月に登場したスズキ・スイフト。だから現行モデルの発売からかなりの年月が経つんですが、いよいよ現行スイフトがフルモデルチェンジへ。そして、その次期スイフトのデザインも判明した模様。

そこでスズキ・スイフトのフルモデルチェンジに関する最新情報をまとめてみました。最初は2016年4月に書いた記事ですが、スズキの燃費不正もあって次期型のフルモデルチェンジが大幅にズレました。そういったことも加味した上で再編集済み。

ちなみにフルモデルチェンジ情報など自動車記事の作成にもう少し注力したいのですが、漫画の細かいレビューが溜まってるのでもう少し「バズマン。」の方に時間を割きますが、自動車雑誌が発売するまでに一記事ぐらいは書く予定。

【スポンサーリンク】




次期スイフトはキープコンセプトを脱却


冒頭画像は次期スイフトスポーツのようですが、フルモデルチェンジ後のスイフトはフロントグリルのデザインが六角形へ。しかもグリルが大型化されていて、新型スイフトはトヨタ・アクアを匂わせます。

フロントグリルデザインの形状やエアロテイストが薄まる可能性はありますが、ノーマルの次期スイフトも全体的な雰囲気はほぼ同じのはず。

また次期スイフトのフロンマスクを見ると立体感があるプレスラインが施され、全体的にはアグレッシブさが増したデザインに変貌。そしてフルモデルチェンジ後には新しくLEDデイライトも採用されるそう。

だから次期スイフトはフルモデルチェンジしてもどうせキープコンセプトだろうと高をくくってましたが、つまり意外に大胆にデザインを変えてきたらしい。さすがにフルモデルチェンジ二回連続のキープコンセプトはスズキ社内でも疑問視されたのか。

スズキ新型スイフト フルモデルチェンジ リア画像
次期スイフトスポーツのデザインを確認すると二本出しマフラーは変わりませんが、リア全体のデザインに変化は乏しいかも。

ただ立体的な凹凸が施されることで、現行スイフトのもっちりしたお尻がシェイプアップされて清潭な印象を与えます。フルモデルチェンジ後はAピラーだけではなくCピラーもブラックアウト化されるなど、やはり次期スイフトのデザインは全体的にスポーティーな出で立ちをまとうと予想されます。

http://www.autoevolution.com/news/2017-suzuki-swift-getting-awd-in-europe-spy-photos-seem-to-reveal-that-106187.html#agal_2
そして同じくフルモデルチェンジ予定の新型マーチと同様に、次期スイフトはリアのドアハンドルはCピラーに内蔵されるっぽい。

【スポンサーリンク】



フルモデルチェンジでも車体スペックは拡大せず?


マガジンXさんでは次期スイフトの車体スペックは3900×1695×1500mm(全長×全幅×全高)と予想されています。つまり現行スイフトと比較するとフルモデルチェンジ後は若干全長が伸びる程度らしい。

でもアクアにしろフィットにしろ、国産Bセグメントカーの多くは全長が4メートルギリギリ3995mmまで伸ばしてあることが一般的。新型スイフトはバレーノと同じBセグメント用プラットフォームを採用してくる以上、今回のフルモデルチェンジで4メートル近くなるのではないかと個人的には予想してみます。


フルモデルチェンジ後は内装の質感がアップ

スズキ新型スイフト コックピット
次期スイフトの内装もかなり質感がアップしている雰囲気。画像はスイスポっぽいですが素のスイフトも基本的に大差はないはず。パット見はマツダ・デミオを彷彿とさせるぐらい質感の高さは肉薄してます。

新型スイフト 内装インテリア
マガジンX6月号
また円筒状の二連メーターがスポーティーな雰囲気を醸し出してます。ステアリングリムにはピアノブラック調の加飾がされるなど、次期スイフトの内装はフルモデルチェンジで質感がアップすることはほぼ間違いなさそう。

【スポンサーリンク】




フルモデルチェンジ後の自動ブレーキはステレオカメラではない?


次期スイフトで気になる点は自動ブレーキ。現行スイフトは未だに自動ブレーキが設定されてなかったんですが、当然ソリオやスズキの軽自動車に設定されているステレオカメラタイプの「デュアルカメラブレーキサポート」が搭載される…と思ってました。

でもマガジンXさん曰く、次期スイフトでは単眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせた自動ブレーキを採用するらしい。海外向けのスズキ車(エスクードなど)にはミリ波レーダータイプの自動ブレーキが既に採用されてるので、どうやら今後スズキ的にはその自動ブレーキを進化させていくっぽい。

マガジンXさんのフルモデルチェンジ情報の多くは海外発信のものが多いので、もしかすると日本国内で発売される新型スイフトはそのまま素直に「ステレオカメラタイプの自動ブレーキ」を設定される可能性も高そう。


【スポンサーリンク】




次期スイフトのフルモデルチェンジ時期・タイミングは2016年12月


そもそも次期スイフトはいつフルモデルチェンジするのか?

最初は2016年後半頃と言われてましたが、スズキが燃費不正を行ったことで国交省の審査が遅れている模様。正確にはスズキ側の走行抵抗値を正確に計測し直す作業に手間取っているかららしい。何やかんやテキトーに済ませてそのままフルモデルチェンジされるんじゃないかと思ってましたが、やはり重大な問題だったらしい。

ということで次期スイフトがフルモデルチェンジするタイミングは2017年春頃と言われています。もしかすると更にフルモデルチェンジが遅れるウワサもあるので、正直予断は許さない状態と言えます。

スイフトだけではなくワゴンRのフルモデルチェンジも遅れるなど、スズキとしてはかなり手痛い不祥事でした。この記事を最初書いたのは2016年4月なんですが、そのときには「2016年はスズキの年になるぞ」とドヤ顔で書いてしまった自分が恥ずかしい限りです( TДT)

…と10月21日に再々編集したばかりですが、新型スイフトがフルモデルチェンジするのは今年2016年末で結果的には正しかった模様。コメント欄でもご指摘して頂いた通り、既にディーラーでは現行スイフトの受注はストップしているとのことですので信ぴょう性は高いはずです。右往左往して申し訳ありませんが、ワゴンRのフルモデルチェンジもスイフトとほぼ同時期らしい。

【スポンサーリンク】



次期スイフトはダウンサイジングターボ化される


次期スイフトのメカニカル面は今のところ情報はありませんが、やはりマイルドハイブリッドの1.2L NAエンジンが中心。フルモデルチェンジ後は車重が800kg台後半に収まるという情報なので、走りの面や燃費面でも期待できます。

また今回のフルモデルチェンジで、次期スイフトには十中八九バレーノに搭載されている1.0L 直3ターボエンジンが設定されるはず。最高出力は111馬力とかなりパワフルなダウンサイジングターボエンジン。

ただバレーノターボのカタログ燃費が20.0km/L程度ですので、これをノーマルスイフトへそのまま搭載してくるとは考えにくく、おそらくスポーティーなグレードである「スイフトRS」に設定することで住み分けを図ってくると予想してみます。

ましてやターボエンジンということで燃料がプレミアムガソリン(ハイオク)ですから尚更考えにくい。当然デミオ ディーゼルを意識した価格設定をしてくるはず。またソリオに設定されるストロングハイブリッドも新型スイフトにいずれ設定されます。予定は未定。

ちなみに「新型スイフト vs デミオ」「新型スイフト vs フィット」「新型スイフト vs ノート」は比較済みなので、良かったら御覧ください。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

2 件のコメント:

  1. 何故ベストカーを信じるかな?
    また誤爆するよ。

    返信削除
  2. ディーラーで確認したところ、すでに現行モデルは受注完了だそうなので、年末もしくは年明け早々には出てくると思いますがいかがでしょうか?

    返信削除