スポンサーリンク

2016年11月27日日曜日

【次期型】新型ハイエース 2018年フルモデルチェンジ最新情報まとめ!ついに商用バンから脱却へ!?

意外と個人ユーザーも多く乗ってますが、日本を代表する大型商用バンといえばトヨタ・ハイエース。汎用性が高いのでどういった目的で乗られているか、用途を限定するのが難しいぐらい普及してます。ただ現行200系ハイエースが登場したのは2004年8月。さすがに商用バンとはいえ車体の古さは否めません。

トヨタ新型ハイエース フルモデルチェンジ最新情報2018
マガジンX1月号
このトヨタ・ハイエースが2018年頃にようやくフルモデルチェンジして300系へと進化することが決定。しかしながら予想画像を見たら分かるように、新型300系ハイエースにはフロントノーズが備えられてさながらミニバン風のデザインへ。

トヨタの世界販売台数は1000万台を超えてますが、このうち200万台がハイエースのような商用車需要で占められてる。それにも関わらず次期ハイエースに一体何が起こっているのか?ついにハイエースは商用車から脱却してしまうのか!?

そこで簡単にフルモデルチェンジ最新情報をまとめてみました。




次期ハイエースはグローバルに対応

改めて次期300系ハイエースの予想画像を見ておくと、さながらトヨタのノア・ヴォクシーを彷彿とさせます…いや車体サイズを考えるとアルファードやヴェルファイアが適切か。では何故フルモデルチェンジで商用バンとしてはデメリットとしか思えないノーズが追加されるのか?

この理由はシンプル。先程世界的に商用バンの需要やニーズが高いと書きましたが、次期300系ハイエースはグローバルに対応していく必要がある。それを踏まえてパッケージングを変更した結果が、今回のフルモデルチェンジでありミニバン風デザインというわけです。

例えばルノー・カングーなどを想起すれば分かりやすいですが、ヨーロッパの商用車の多くはこんなデザインをしてる。デザイン性もあるのかも知れませんが、やはり衝突安全性の問題もあります。

だから次期ハイエースもボンネットフードを備えることで安全性を高めようとしてて、記事内では「日本国内の法規制を先取りした措置」と分析されています。確かにハイエースに限らず、軽商用車も安全性の視点で考えると危険。

日本車が丈夫すぎるだのネットやテレビで根拠もないホルホル情報が散見されますが、海外の衝突安全性に関する規制の方がフツーに厳しいことからも明らかでしょう。ゴルフなどの剛性感が高い背景には海外の厳しい法律があることも否めません。

実際ハイエースの販売はヨーロッパでは惨敗。一応トヨタが商用バンをヨーロッパで発売してるものの、それはプジョーなどと共同開発した「プロエース」と呼ばれるクルマ。このプロエースのデザインが今回の次期ハイエースと似たような風貌をしてることからも、トヨタ的には2018年のフルモデルチェンジで単独で切り込みたい意気込みが読み取れます。


フルモデルチェンジでキャビンも狭くなり、乗員数も減る

新型ハイエースはフルモデルチェンジで具体的にどう変化するのかといえば、大きくはエンジンの配置位置。これまで前席下に配置されていたものが、一般的なFF車のようにフロント部分に配置される。

だからこそ新たにボンネットフードが必要になってくるわけです。言っちゃえばキャブオーバーからセミボンネットタイプに変化する。2017年にフルモデルチェンジ予定のホンダの軽商用車アクティ(バモス)もMR車からFF車に変化するなど、なんだか時代の流れを感じさせます。

200系ハイエースと300系ハイエース 比較画像
マガジンX1月号
フルモデルチェンジ前後の違いを比較してみると、これだけハイエースの風貌や室内が変わるらしい。

フルモデルチェンジ後は全長が4790mm(現行比+95mm)、ホイールベースは2985mm(現行比+415mm)と拡大するものの、逆に上の200系ハイエースの荷室長が3000mmに対して、下の新型300系では2380mmとかなり減少したことも同時に読み取れます。

きっとフルモデルチェンジ後は乗員数が減ることも避けられなさそう。またエンジンが離れることで快適性が増すものの、ボンネットフード分の距離を考えると、ハイエースの取り回し性能も新型300系でかなり落ちると考えられます。え?こんなハイエース嫌だ?フルモデルチェンジしてほしくない?

マガジンX1月号
ざんね~ん!既に新型ハイエースのテストカーはアジアで試験走行中で~す(笑)
ということで新型ハイエースの開発は着々と進んでいる様子。2018年にフルモデルチェンジしてしまったら、200系ハイエースを手に入れることはできないのか。


200系ハイエースは並行販売するものの価格は?

ただご安心を。

ハイエースはフルモデルチェンジ後も現行200系の販売を維持するらしい。次期300系ハイエースは車内空間が際立って狭くなるということで、これまでの既存ユーザーが離れる可能性が高い。

そこを食い止めるために現行200系ハイエースは変わらずラインナップされます。トヨタは国内の反応を様子見したい意図もあると思われます。ちなみに2018年のフルモデルチェンジを機に、200系ハイエースは4型から5型にビッグマイナーチェンジするらしい。

でも気になるのが新型ハイエースの価格。現行200系4型は名前からも分かるように既に4回ほどマイナーチェンジしてるわけですが、その度に価格上昇を続けてきた。具体的には12年前のハイエースと比較すると、例えば「スーパーGL」で価格は50万円ほどの値上がり。

だから5型へのビッグマイナーチェンジに留まらず、300系へのフルモデルチェンジでハイエースの価格が引き上げられることは推して知るべしでしょう。


300系ハイエースのエンジンや駆動方式など

その他の次期300系ハイエースに関する情報をラスト簡単にまとめておきます。

新型300系ハイエースの駆動方式はAWD(RWD)のみ。現行200系が2WD(FR)も用意されてるので、積載性などはやはりフルモデルチェンジ以降は見劣りしそう。ただリアシートをダイブ格納させることで積載性のデメリットをカバーするとか。

あと注目したいのがランドクルーザープラドに昨年搭載された1GD型の2.8Lクリーンディーゼルエンジンが新型ハイエースにも設定されるのではないかとのこと。この情報が事実なら重い荷物を運搬してる方にはグッドニュース。維持費という点でもメリット大。

果たして新型300系ハイエースの「脱ガラパゴス路線」は吉と出るか凶と出るか?2018年のフルモデルチェンジを今から楽しみにしたいと思います。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿