スポンサーリンク

2016年5月9日月曜日

ポルシェ マカンの実燃費が割りと優秀な件

マガジンX6月号
ポルシェで一番売れてるのがマカンらしい。アウディQ5をベースとする高級ミドルSUV。乗り出し価格は600万円台ですが、この価格でポルシェに乗れると思ったらかなりお買い得。カイエンより小さいSUVとはいえ全長4700mmもあります。

このマカンのエンジンは三種類。2.0Lターボと3.0L V6ツインターボ、3.6L V6ツインターボが設定されてます。グレードが上がるほどエンジンスペックも上がる感じ。ただエントリーグレードの2.0Lターボでも何やかんやで最高出力は252馬力、最大トルクは370Nmもあってパワフル。

残念ながら、ポルシェ・マカンのカタログ燃費(JC08モード)が載ってないんですが、ニューモデルマガジンXさんに2.0Lターボのマカンの実燃費が載ってました。それが意外と優秀だったことに驚きました。



街中でも燃費は二桁超え?

結論から書くと、マカンの高速走行上における実燃費はなんと14km/L街中の実燃費でもうまく走れば10km/Lに届くとのこと。一名乗車とはいえハイブリッドといった飛び道具もなく、ここまで大きめのSUVで実燃費が二桁前後を達成できるのは優秀。

レクサスRXハイブリッドの実燃費も二名乗車ではありますが、平均すると11km/L前後ぐらいだったそうですのでやはりマカンの実燃費は優秀。燃料タンク容量も60L以上あるので、マカンで遠出ドライブをしてもほぼほぼ困ることはないでしょう。記事でも「長距離ツアラーとしてビックリするぐらいラクだった」と評価れてもいます。

もちろん3.0Lや3.6L V6ツインターボである「マカンGTS」や「マカンターボ」の実燃費はもっと下がる可能性は高いと思われます。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿