スポンサーリンク

2016年5月14日土曜日

MINI クロスオーバー ディーゼルの実燃費

BMW・ミニクロスオーバー(海外名は「MINI カントリーマン」)にはディーゼルエンジンもラインナップされています。2014年のマイナーチェンジから新グレード「SD」「D」が追加されたらしいので、割りと最近の話。

マガジンX11月号
そこでマガジンXさんがディーゼルモデルの一つであるMINI・クーパーSD クロスオーバーの実燃費を検証されいたので見たいと思います。



ちなみに同時に燃費検証されていたマツダ・CX-3の実燃費も気になる方はあとでチェックしてみてください。


カタログ燃費に近い実燃費

マガジンX11月号
まず市街地での実燃費が14.0km/L。一周13km程度のコースですが、わりかし平凡な実燃費。エアコンを切った状態の二周目では16.6km/Lと燃費アップ。ミニ クロスオーバーに設定されてるスポーツモードで走った三周目の実燃費は13.2km/Lだったそう。

高速燃費が18.4km/Lとコチラは優秀。そもそもMINI クーパーSD クロスオーバーのカタログ燃費が16.6km/Lとそこまで低燃費ではないので、それを考えるとカタログ超えの実燃費は優秀と言って差し支えはありません。「ミニ クーパーD クロスオーバー」などの実燃費も大差はないでしょう。

ミニクーパー クロスオーバーに搭載されてるのは、2.0L直4ディーゼルターボエンジン。最高出力が143馬力、最大トルクが31.1kgm。前述のCX-3の実燃費よりは劣るものの、どちらかと言えばスペック的にはCX-5に近い。

だから実燃費より動力性能を重視したいユーザーさんがMINI・クーパーSD クロスオーバーを購入されてるのかなと思います。ただ価格が400万円以上ということで少し悩んでしまうかも。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿