スポンサーリンク

2016年5月2日月曜日

【評価】ブリヂストン レグノGR レジェーラ 【口コミ 評判 まとめ】

ベストカー4月26日号
 ブリヂストンが軽自動車用に開発したプレミアムタイヤが「レグノ GR レジェーラ(REGNO GR Leggera)」。レグノシリーズは静粛性や乗り心地を追求したハイバランスブランドで、アッパーミドルクラスの車種に多く採用されているとか。

だから「REGNO GR Leggera」の価格は割りとお高め。果たして価格に見合うだけの価値はあるんでしょうか。評判や評価をまとめてみました。



ロードノイズや乗り心地

ベストカーの編集者・梅木という方が、レジェーラを履いてホンダ・N-BOXと日産デイズに試乗したそう。

それによると、まずロードノイズは「走り出すとハッキリとゴーという低周波のロードノイズが抑えられている」とのこと。「室内音が圧倒的にスッキリ」とのこと。REGNO GR Leggeraのタイヤの内部には、ベルト振動を抑える吸音材を採用しているそう。このことが低周波域のロードノイズ抑制に役立っているとか。

乗り心地に関しても、凹凸から伝わる衝撃をスッと減衰させることで、乗り心地が全体的にしっとり感が増すそう。フットワークも落ち着いた印象を与えてくれて、プレミアムタイヤの名に恥じないクオリティーっぽい

また低燃費タイヤで知られる「ECOPIA EX20C」よりも道路との接地圧が均等なので、REGNO GR Leggeraの方が耐摩耗性に優れてる。結果的にエコピアよりもレジェーラは長持ちするらしい。軽自動車用タイヤは外周が短いため、どうしても普通車よりタイヤに与える負担が大きいそう。そういった意味でも「レグノ GR Leggera」を選ぶ価値はありそう。

ちなみにサイズは「165/55R15 75V」、「165/55R14 72V」、「155/65R14 75H」の三種類しかありません。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿