スポンサーリンク

2016年10月13日木曜日

【2017】レクサス次期CT フルモデルチェンジ最新情報まとめ【画像あり】

レクサスの最小コンパクトといえば「レクサスCT」。いずれヴィッツベースの更にCTより小さいレクサス車が発売される予定ですが、このレクサスCTは2011年にデビューしてから早5年超。2014年11月にマイチェンしてから早2年。そろそろ大きな動きが欲しいのが本音。

レクサス新型CT フルモデルチェンジ最新情報
ベストカー11月10日号
でもいよいよレクサス・CTがフルモデルチェンジするらしい。果たして次期CTは一体どういった変更が行われるのか?簡単にフルモデルチェンジ最新情報をまとめてみました。



【スポンサーリンク】



フルモデルチェンジは2017年か2018年か?


まずはレクサス新型CTのフルモデルチェンジ時期を見ていきたいと思います。一体いつフルモデルチェンジが行われるのか明らかにしないと意味がありません。

改めて冒頭の画像を見ていただきたいんですが、ベストカーさんによれば「CTのフルモデルチェンジ時期は2017年3月」とのこと。つまり今からあと半年もせずにフルモデルチェンジが行われる計算。2017年にはレクサス新型LSが同じくフルモデルチェンジされるので、まさに2017年はレクサスイヤーになりそうです。

ただ意外と新型CTが発売されるのは早いと思いきや、某ネット情報では「新型CTの発売は2018年に遅れると言われた」といった情報もあります。正直うさん臭いサイトで信憑性は微妙ですが、レクサスの販売店に直接訊きに行ったとのこと。レクサスディーラーの販売員が新型CTに関する会議に出たときに言われたらしい。

そこでスクープ情報に定評があるマガジンXさんの最新情報を見てみると、「レクサスCTのフルモデルチェンジ時期は2021年まで遅れる」とありました。おいおい2018年どころの話じゃねーよ(笑)

2015年時点のフルモデルチェンジ情報では「新型CTの発売は2017年11月頃」とあったんですが、どうやら開発コードを見ると2019年に登場する予定の新型レクサスUXというCTベースのSUVと新型CTを混同されていた模様。

確かにフルモデルチェンジまであと半年しかない状態にも関わらず、LSのように次々とレクサス新型CTのスクープ情報が漏れ出てこないのは不思議。うさん臭いネット情報ではありますが、新型CTのフルモデルチェンジが2018年に延期する情報もあながち否定できないと思われます。

でもマガジンXさんのフルモデルチェンジ情報で疑問なのは、何故ベースであるはずのCTの開発を遅らせてまでレクサスUXの発売を先行させるのかという点。まだUXが2017年内に発売されるならいざ知らず、現時点では何も不明なので2019年だと信じると中途半端なタイムラグが気になります。

だから個人的な予想をまとめると「2017年にレクサスCTベースのUXが発売されて、新型レクサスCTが2021年にフルモデルチェンジされる」といった感じか。それだと4年間もCTに動きがなくても合点がいきます。UXはパリモーターショーにも出品されるようですから、実際発売されるまでそこまで遠くはないのかも。

少なくとも新型レクサスCTのフルモデルチェンジするタイミングは「2017年以降」であることは間違いないはず…ってこんなまとめ方じゃダメ?(笑)

【スポンサーリンク】




レクサス次期CTはレクサス版プリウス


順番がおかしいかも知れませんが、そもそも現行レクサスCTについて簡単なおさらいをしておきたいと思います。冒頭でも書きましたが、2016年時点では最も小型のレクサス車になります。ただコンパクトカーですがCセグメントカーに属するので、国産車と比較してもレクサスCTはそこそこ大きめの車体に入ると思います。

その理由はシンプル。レクサスCTはトヨタ・プリウスをベースにしてるから。いわば「CTはレクサス版プリウス」と言い換えたら分かりやすいはず。だからレクサスCTの具体的な車体スペックを見てみると、4350×1765×1460mm(全長×全幅×全高)とほぼプリウスに近いサイズになります。日本の道路事情だとレクサスCTは十分大きい部類のクルマに入りますが、あくまで海外だと小さめサイズということ。

じゃあ現行CTがフルモデルチェンジで一体どういう変更が行われるのか?

【スポンサーリンク】




次期CTも同じくTNGAシャシーを採用


結論から書くと、レクサス次期CTも基本的なコンポーネントはプリウスと共用されます。

つまり既に昨年2015年12月にプリウスがお先にフルモデルチェンジしてるので、新型CTはその新しいプリウスがベースになります。だからレクサスCTも、いわゆるTNGA用プラットフォームがいよいよ採用されることへ。

それに伴ってシャシーもTNGA向けの剛性感が高いものに刷新されるので、国内では既に新型プリウスの評判は上々ですから、フルモデルチェンジ後は新型CTの走行面や乗り心地の面でかなり期待できるはずです。

またレクサス新型CTのホイールベースは+100mmほど伸長されるため、フルモデルチェンジ後は主に後席の居住空間や荷室空間といった実用面でも期待できそうです。具体的に新型CTのボディースペックを見てみると4350×1780×1500mmと、現行CTよりフルモデルチェンジ後は若干のサイズアップがされるらしい。


フルモデルチェンジ後はSUVテイストが増す?


じゃあ新型レクサスCTのデザインはどうなるのか?

改めてベストカーさんの新型CTの予想画を貼っておくと、こんな感じになります。独特のスピンドルグリルが強調されたデザインに変化して、フルモデルチェンジ後はフォグランプ周辺のデザインもレクサスLXやRXを踏襲したような縦長の形状へ。ヘッドライトは更に切れ長デザインになり、新型CTではAピラーもブラックアウト化されるっぽい。

シトロエンDS4
マガジンXさんの2015年時の情報も加味すると、新型CTのデザインは若干SUVテイストが増すとのこと。具体的にはフルモデルチェンジ後に目指しているフォルムは、シトロエン・DS4やメルセデスベンツ・GLAのようなクーペSUVだとのこと(あくまでデザインではなくフォルムというのが重要)。

ただ新型CTをベースにしたSUV「レクサスUX」も2019年(2017年?)に発売予定であり、その情報と混同されていることは説明済み。だから、あくまで新型レクサスCTはこれまで通り、コンパクトハッチバックデザインを踏襲するはず。むしろレクサスUXがそこまでSUV色が強いデザインとはならないのでしょう。

つまりフルモデルチェンジ後の位置付けとしては、「レクサスCT=プリウス」「レクサスUX=C-HR」といった立ち位置になると予想されます。

【スポンサーリンク】




フルモデルチェンジ後はまさかのアップサイジング?


先程は「新型CTの走行面や走りで期待できるはず」と書きましたが、それを証明するかのようにフルモデルチェンジ後はエンジンラインナップも拡充される予定。

ベストカーさんによると、トヨタが絶賛おすすめ中の「1.2Lターボエンジン」が搭載されるというウワサ。現行CTにはハイブリッドエンジンしかありませんから、ついにレクサスCTにもガソリン車が投入へ。でもベストカーさん情報なので、普通にレクサスNXの2.0Lターボという可能性も。

ただベストカーさんでは1.8Lハイブリッドエンジンのままともありますが、このパワートレインはやはりスポーティーさに欠ける。新型レクサスCTは燃費追及モデルではありませんから、やはり非常にパワー不足は否めない。

そこでフルモデルチェンジ後はベース車・プリウスと差別化するために「排気量2000ccエンジン」に換装されるらしい。だからカタログ燃費は同じく37.2km/Lを達成すると予想されましたが、新型レクサスCTのカタログ燃費は35.0km/Lに届くか届かないか程度と見るのが妥当でしょう。

そして気になるのが新型CTがプラグインハイブリッド化されるという情報。プリウスPHVの試乗記事も参照して欲しいんですが、プラグインハイブリッド化されたプリウスが非常に評判が良い。

当然フルモデルチェンジした新型レクサスCTが追従してくる可能性は大いにあるでしょう。プラグインハイブリッド車のCTの価格?ははワロスワロス。そんなもんレクサスで気にしたらあきまへんで!

またエンジン以外で走りに期待できそうなのが、やはりシャシーやボディー剛性。

現行CTは先代プリウスと差別化させるために、リアサスペンションにダブルウィッシュボーンを採用していました(ちなみに2015年のフルモデルチェンジでプリウスもダブルウィッシュボーンを採用済み)。ましてやレクサスCTが2014年のマイチェンでボディー剛性がアップして好評を得たので、こういう路線をフルモデルチェンジの初っ端から歩んでくる可能性も高そうです。

【スポンサーリンク】




レクサス次期CTは女性チーフエンジニアが開発


以下はフルモデルチェンジに関する、ちょっとした余談情報。

この次期レクサスCTは初の女性チーフエンジニア(以下CE)が開発しているらしい。この女性CEはトヨタ自動車に1989年に入社した後、2001年にトヨタのヨーロッパ開発部門へ異動。そこで高級車の質感に関する開発に欠かせない感性工学を学んだそう。

そして現行CTの開発に携わり、2014年1月にマイナーチェンジからCEに就任。高い評価を受けている方。もはや女性だからどうこうというより、この方が相当優秀なのでしょう。自ずとレクサスCTのフルモデルチェンジにも期待が高まるってもんです。

ちなみにレクサスCTの生産を請け負っているトヨタ自動車九州も、今回のフルモデルチェンジ開発に積極的に関わっているそう。果たして、それもどういった好影響をもたらしてくれるのか?

【スポンサーリンク】




次期CTのフルモデルチェンジ総括


あとCTのフルモデルチェンジに関して別サイトを読んでも、現状としては最新情報はここに書かれてる以上のサイトはありませんでしたからググり直しても徒労で終わると思います。

むしろ某サイトのフルモデルチェンジ記事では「LEXUSもいい機種をかなりたくさん発売されておりますが、一番買いやすのがNXやCTでしょうね」などテキトーなことが書かれてあって笑いました。

「機種」ってなんだよ「機種」って!!最近はDeNAのクソキュレーションサイトなど、タダ働きでせっせと役に立たないテキトーな記事を量産してるヤツが多くて嘆かわしい限りです。

ただレクサスがスマートフォンを発売したら意外と売れそうです。背面にレクサスのロゴマーク「L」が刻印されていたら、それだけで高級感がアップします。スマホメーカーはディズニーなどとよくコラボしてますが、自動車メーカー・高級車メーカーとコラボしても面白いかも知れません

…と最後は本題とズレましたが、あくまでこの記事は「レクサス新型CTのフルモデルチェンジ最新情報」に関する記事になります(笑)

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿