スポンサーリンク

2016年10月13日木曜日

【2019】レクサス新型UXとは何だ?CTベースのSUVがカッコよすぎる件【最新情報まとめ】

日本でもようやく定着しつつある高級車メーカー・レクサスから、2019年初旬に新型車が発売されることが決定。その名も「レクサス新型UX」。開発コードは100B。

レクサスUXコンセプトモデル

既に2016年のパリモーターショーにレクサスUXが出品されるなど、既に新型UXの開発は着実に進んでる模様。「新型UXの発売は2019年」とかなり先の話っぽく聞こえますが、他の自動車雑誌さんでは更に早い発売を予想してるところもあります。そこでレクサス新型UXについて簡単に情報をまとめてみました。一体どういったクロスオーバーになるのか?



【スポンサーリンク】




レクサス新型UXの車名の由来は?


まずは「レクサスUX」の車名の由来を説明したいと思います。要は「UX」の意味はなんぞや?という話。こういう自動車の雑学的なことを書いて記事のボリュームを増やすのは、ちょっとした常套手段であります(゚∀゚)ウシシ

結論から書くと、Uの意味は「Under」Xの意味は「クロスオーバー」。つまり、ざっくり言うと「コンパクトなクロスオーバー」みたいな意味が込められてる名前。既にラインナップされてる「レクサスのSUV車の中でもとりわけ小さい」という意図が読み取れます。

だからレクサスRXやNXの車名の「X」も「クロスオーバー」という意味。BMWのSUVの「X◯」もやはり同じ意味になります。



【スポンサーリンク】




レクサス新型UXはプリウスのTNGAベース


このレクサス新型UXの車体はCTベースになります。ただ実は現行モデルではなく次期レクサスCTがベース。

じゃあ次期レクサスCTが先に発売されるのかと言えば、そうではなく何故かレクサス新型UXが先に発表されるらしい。そして新型UXのベースとなる次期CTのフルモデルチェンジは2021年頃まで大幅にズレこむ模様。それだけレクサスというかトヨタはレクサスUXの開発に本気の姿勢が読み取れますが、何故ベース車の次期CTが後回しにされるのかは不明。

このレクサス新型UXは新型プリウスとコンポーネントを共用されます。既に現行CTが先代プリウスと部品やエンジンが多数共有化されてるので、さながらCTはレクサス版プリウスという表現が使えます。

同じような感じで既に試乗の評価も上々なC-HRを「プリウス版SUV」と仮定すると、まさに「新型UXはさながらレクサス版C-HR」といった位置付けであるが言えます。記事ではそういう表現が実際に使われてるんですが言い得て妙。

【スポンサーリンク】




でも新型UXはプリウスより全長が短い?


このレクサス新型UXの車体スペックは4400×1800×1560mm(全長×全幅×全高)と雑誌では予想されていたものの、レクサスUXコンセプトの車体スペックは出品情報によれば4400×1900×1520mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2640mmになるらしい。

つまりレクサス新型UXはプリウスの全長より短い。雑誌予想の新型UXより全高が更に低くなり、実際にはよりクーペ感が増すのか。新型UXを他の輸入車と比較してみると、メルセデスベンツGLAやBMW・X1とも全長が短く、かなり全幅が広い計算。それでいて全高が低いので、レクサスUXはかなり割り切ったデザインであることが分かります。

もちろんコンセプトモデルの車体スペックなので、最終的にレクサスUXは予想したサイズに落ち着く可能性も十分あるのは注意したいところ。

【スポンサーリンク】




レクサス新型UXにターボエンジンは搭載されるか?


記事では「UX200」という名称が使われていますが、言うまでもなくエンジン名を示しています。例えば「CT200h」や「NX200t」などは、排気量2000ccエンジンが搭載されています。更にハイブリッドモデルだと語尾に「h」、ターボモデルは語尾に「t」が付く。

だからレクサスUXではターボエンジンが搭載されずに、新型の2000cc NAエンジンが搭載されるとのこと。でも最近の傾向を考えたら、普通に「UX200t」が設定される可能性の方が高い気もします。

UXにはハイブリッドモデルも設定されますが、こちらのグレード名は「UX250h」。ということは排気量2500ccエンジンを搭載するのかと思いきや、意外にもエンジン排気量は2000ccとのこと。うーん、C-HRにもNAエンジンは搭載されずに、1.2Lターボエンジンと1.8Lハイブリッドエンジンのみなので、この説明を読む限りは不可解な点も多く、まだまだ眉唾レベルの情報か。

UXのカタログ燃費はエンジンの構成がはっきりしない現時点では割愛。

【スポンサーリンク】




スピンドルグリル以外の見た目の特徴

改めてレクサス UXの画像を見ておくと、独特のスピンドルグリルが相変わらず採用されています。

ただ切れ長のヘッドライトはグイッとフェンダー上部まで伸びています。またAピラーもブラックアウト化されているなど、次期レクサス車の方向性がUXから読み取れる気がします。ちなみに次期CTと同じく、トヨタ初の女性チーフエンジニアが開発しているそう。

レクサスUXコンセプトモデル
じゃあパリモーターショーに出品される予定のレクサスUXの実際の画像を見てみるとこんな感じになります。ボンネットのうねった感じは光岡自動車を彷彿とさせるなど、これは想像以上にイカツイぞ、おい(笑)

レクサスUXコンセプト内装
更にレクサスUXの内装に関しては、普通にコンセプトモデルだから相当ヤンチャしました感が強い。レクサスUXはこのまま発売される可能性は低いはず。だから先程UXの車体スペック予想も書きましたが、やはり最終的にサイズ感も含めてエクステリアも落ち着く可能性がありそうです。

【スポンサーリンク】




レクサス新型UXの予想価格


最後はUXの価格。記事では言及されていませんが、レクサスUXのエントリー価格はギリギリ300万円台に収めてくると予想してみます。

理由はシンプル。CTの最廉価グレードの価格が366万円で、NXの最廉価グレードの価格が454万円だから。もちろん新型CTがフルモデルチェンジ後に価格上昇が考えられますが、現時点だと時期が不明なので特に心配する必要はないか。少なくとも両者の間にUXの価格帯を収めてくることは間違いないはず。

レクサスはやはり思ってる以上に車両本体価格が割高。NXに手が出ない層に対する訴求効果もレクサス UXでは狙っていると考えられるので、やはりそこまで価格を高く設定してこないはず(ほぼ願望込み)。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿