スポンサーリンク

2014年6月20日金曜日

スバル新型レヴォーグ 納車目安は3ヶ月以上?

今日20日、スバル・レヴォーグがやっと正式発売。思わず「なっげーよ!」と言いそうになった。改めて言うまでもなく、レガシィツーリングワゴンの後継車。

かなり焦らしに焦らしただけあって、なかなか人気。そこでさっそく気になるのが、レヴォーグの「納車時期」だと思う。


レヴォーグ受注数 5月末で1.4万台

富士重工業広報部によると5月末時点で1万4000台が受注済み。いま注文すると「1.6・2.0といったエンジンやEyeSightの有無にかかわらず9月頃のデリバリーになる」とのこと。
http://response.jp/article/2014/06/20/225841.html
スバル広報部さんの発表いわく、今購入した場合はグレードに限らず、今年の9月以降になるんだそう。現在までの受注数が1.4万台だから、なんとなく納得。

期間にすれば、およそ「数ヶ月」。地味に燃費も良いらしく、今後は更に一般購入者のレポートも上がってくるだろうから、今後もレヴォーグの受注数は堅調に推移しそう。

だから、この数ヶ月が短くなることは結構先の話だと思う。さすがにトヨタ・ハリアーやスズキ・ハスラーほどの勢いではないものの、これから購入される方は覚悟しておくのが無難かも。

ただ消費増税の悪影響で、普通車の新車販売台数が顕著に落ち込んでる中、なかなか明るいニュース。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿