スポンサーリンク

2014年6月10日火曜日

ミニバン燃費が良い順番に全車種並べてみた【14年版】

ホンダは5日、ミニバン「ストリーム」の生産を6月に終了することを明らかにした。初代が売り出された2000年10月からの累計販売台数は約50万台だった。
http://www.sanspo.com/geino/news/20140605/eco14060520020005-n1.html
2014年6月、ホンダのミニバン・ストリームの生産終了が決定。ミニバンというジャンルが「落ち目」であると、改めて象徴するような悲しいニュース。

ただ売れてるミニバンは、未だに売れてる。ストリームが生産終了した現在でも、ランキング上位に位置してるミニバンは多い。やはり子育て世帯を中心に、今も一定の需要を確保してるジャンルであることは間違いない。

そこで燃費が優れてる順に、主に7人乗りができるミニバンの車種たちを並べてみた。


ハイブリッド車のミニバン

トヨタ・プリウスα(1.8L)…リッター26.2キロ
トヨタ・ヴォクシー(1.8L)…リッター23.8キロ
ホンダ・フリード(1.5L)…リッター21.6キロ[6人乗り]

【リッター20キロの壁】
トヨタ・ヴェルファイア(2.4L)…リッター16.2キロ
日産・セレナ(2.0L)…リッター16.0キロ

[注]ちなみにノアはヴォクシーと、アルファードもヴェルファイアと同じだから割愛。

排気量2000cc以上のミニバン

マツダ・プレマシー(2.0L)…リッター16.2キロ
トヨタ・ヴォクシー(2.0L)…リッター16.0キロ

【リッター15キロの壁】
ホンダ・ステップワゴン(2.0L)…14.8キロ
マツダ・ビアンテ(2.0L)…リッター14.8キロ
トヨタ・アイシス(2.0L)…リッター14.4キロ
日産・セレナ(2.0L)…リッター13.8キロ
ホンダ・オデッセイ(2.4L)…13.6キロ
三菱・デリカD5(2.0L)…リッター13.6キロ
マツダ・MPV(2.3L)…リッター11キロ
日産・エルグランド(2.5L)…リッター10.8キロ

【リッター10キロの壁】

トヨタ・エスティマ(3.5L)…リッター9.7キロ
日産・エルグランド(3.5L)…リッター9.4キロ
トヨタ・ヴェルファイア(3.5L)…リッター9.2キロ
トヨタ・アルファード(3.5L)…リッター9.2キロ

[注]ちなみにノアはヴォクシーと、アルファードもヴェルファイアと同じだから割愛。

排気量2000cc未満のミニバン

トヨタ・シエンタ(1.5L)…リッター17.2キロ
ホンダ・フリード(1.5L)…リッター16.0キロ[6人乗り]
トヨタ・ウィッシュ(1.8L)…リッター15.8キロ
トヨタ・アイシス(1.8L)…リッター15.2キロ

総括

全体を見通すと、トヨタ勢が強い。本当ピンからキリまで幅広くラインナップが用意されてる。しかも、そのほとんどが上位30車種にランクインしてることが多い。

やはり排気量が大きくなるに連れ、燃費も目に見えて下がっていく。特に排気量3000ccを超えると、それが顕著。経済性を考えると、2000cc以下のミニバンを選ぶのが賢明だろう。

またハイブリッドのジャンルを見ると、ノア・ヴォクシーとプリウスαの燃費差がリッター2.4キロ分。結構な差があると思いきや、車体の大きさや室内空間の広さ、もろもろの使い勝手を考慮すると、むしろ全然気になる差ではない。

プリウスαはどちらかと言えば、ステーションワゴンに近い。ミニバンに乗りたいけど…というイヤイヤ我慢して乗ってた人も多そうだ。結果、完全に需要がノアヴォクシーに流れてるんだと思われる。

またミニバンで一番売れてる車種と言えば、日産・セレナ。一応ハイブリッド車も用意してますが、排気量2.4Lのヴェルファイアに燃費性能で負けてる。ガソリン車のセレナを見ても、実はあまりパッとしない、

これは少し意外だった。だから消費者には自動ブレーキシステムなど、その他の機能の面でセレナはウケてるのかも知れない。

あと地味にミニバンで頑張ってるのが、マツダ。排気量2000cc以上のジャンルでは、ヴォクシーを抜いてプレマシーが低燃費トップ。ビアンテはホンダ・ステップワゴンと同等。MPVは走りに重点が置かれてたりして、実はラインナップが豊富。

ただほとんど売れてない現状を見ると、マツダとしてはもっと「コンパクトSUV」というジャンルに力を入れるべきだろう。最近はホンダ・ヴェゼル、輸入車ではメルセデスベンツ・GLAが人気。CX-5に続くようなSUVを開発するのが筋だと個人的には思う。

ちなみに今回生産が終了したホンダ・ストリームは排気量1.8Lで、燃費がリッター13.2キロだった。ウィッシュやアイシスなどよりもかなり見劣りする数字で、生産終了に至ったのもさもありなん。

ミニバンは燃費のみで選択されてるジャンルではないが、とは言え、最低限の燃費はやはり必要なようだ。今後も更にミニバンの淘汰は進むと思うので、果たして以上の車種の中でどれだけ生き残ることができるだろうか?

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿