2016年4月6日水曜日

レヴォーグ C型 マイナーチェンジでSTIグレードが追加へ

スバル・レヴォーグがそろそろマイナーチェンジするらしい。そこでレガシィやフォレスターにも設定されている「STI」が追加されるとか。



正確には「STI SPORT」というグレード名らしく、1.6Lエンジンと2.0Lエンジンの両方に新しく設定されます。だからレガシィのとかよりもガッツリって感じでもなさそうで、BMWでいうところの「Mスポーツマタイ」という前評判。

価格は「1.6 STI SPORT」が323万円前後、「2.0 STI SPORT」が365万円前後とのこと。どちらも税抜き。

東京モーターショーに出品されたコンセプトカーと同じく、専用フロントバンパーや専用マフラーカッターが装着されます。足回りだとダンパーはビルシュタインの「ダンプマチック2」が装着されます。昨年に発売された「STI S207」が即完売したことが話題になりましたが、そのS207でも採用されてたやつ。だからSTI SPORTはボディー剛性もアップするはず。

そしてBRZにも設定されていますが、新色「WRブルーパール」も追加されます(もちろんSTI SPORTのみ)。その他は特に変更はなさそう。代わりにということでもないですが、「2.0GT」というグレードが廃止されます。

ハンドルなどに「STI」専用のロゴが付くとか付かないとか。


◆アイサイトの車線逸脱防止システムが改良

レヴォーグに初めてアイサイト3.0が採用されて話題になりましたが、このアイサイト3.0の注目機能だったのが「車線逸脱防止支援システム」。センターラインをオーバーしそうになったら、自動的にハンドル制御してくれるというもの。

その車線維持システムが今回のマイナーチェンジで若干改良されます。具体的には「ステアリング入力トルクのしきい値最適化」、「カーブ走行時の制御キャンセル時間を改善」、「ポールのある道路における走行目標位置を改善」の3点だそう。

簡単に言うと、現行レヴォーグでは車線逸脱防止支援システムがちょくちょく状況に応じてキャンセルされてたらしいんですが、新型はそのキャンセルされる頻度を減らしたとのこと。つまりアイサイトの機能がより多くの状況で正確に作動してくれます。

昨年末のフォレスターって程でもないですが、地味に商品力が上がってそうな新型レヴォーグのマイナーチェンジって感じでしょうか。以上、2ちゃん情報でした。

【スポンサーリンク】