2016年12月21日水曜日

ルーミーとタンクとトールの見た目がまぎらわしい件!果たして三者に違いがあるのか比較検証した

2016年11月に発売された新型車と言えばソリオフルハイブリッド…ではなく、トヨタ・ルーミーとタンク。いわゆるOEM車と呼ばれる車で、ダイハツ・トールが基本的なベース車。ただそれゆえに実に見た目・エクステリアが紛らわしい。

ニューモデル速報 2017年コンパクトカーのすべて
果たしてルーミーとタンク・トールに何か違いがあるのか、簡単に比較してみました。



基本的に大きな違いはない

結論から書くと、基本的に三者に大きな違いはありません。搭載してるエンジンやグレードの数、価格など「ほぼ同じ」と表現しても構わないぐらい。もちろん冒頭に貼った画像からも分かりますが、見た目が若干違います。

ただほとんど見た目的な変化をとらえることができず、そこに各々にカスタムグレードも追加されるので余計に混乱する。どこかの自動車評論家が盛大に茶化すのも何となくうなずけます。

ベストカー
しかもトヨタ以外にもダイハツはスバルにOEM供給してて、他にもジャスティと呼ばれる車種も存在してる。スバル・ジャスティは往年のコンパクトカーらしいんですが、こんな脇役的な車種に命名しても良かったんでしょうか(笑)

【スポンサーリンク】




見た目のパターンは実は二種類だけ

でもルーミー・ルーミーカスタムやタンク・タンクカスタムなど画像をよくチェックすると面白いことが分かります。実は見た目・エクステリアの種類は2パターンだけ。これを巧みに組み合わせて、さも色んなグレード数があるように水増ししてる。

簡単に言ってしまえば「ルーミー顔」と「タンク顔」の二種類に分かれます。

ルーミーの顔はデカデカのメッキギラギラのフロントグリルが、少し大きめの切れ長ヘッドライトに繋がったようなデザイン。トヨタ車でいうとノア顔的な雰囲気。

タンク顔は細めの切れ長ヘッドライトがライン状に繋がったデザイン。そしてエアインテークとフォグランプやエアダクト周辺が一体化したようなデザイン。トヨタ車でいうとカローラ顔的な雰囲気。

【スポンサーリンク】




ダイハツ・トールとスバル・ジャスティのおすすめの買い方

どちらもカスタム仕様はそのまま同じようなデザインをしてるんですが、コレがダイハツ・トールやスバル・ジャスティだと異なる。

例えばトールだとノーマルトールが「タンク顔」なんですが、トールカスタムは「ルーミー顔」。逆にジャスティだとノーマルジャスティが「ルーミー顔」に対して、ジャスティカスタムが「タンク顔」。悪く言えばかなりごまかされてる感がある(笑)

だからトヨタ以外で購入する場合、シンプル。どちらか欲しい顔のノーマルグレードを選択すればいい。具体的にはタンク顔が欲しかったらノーマルのダイハツ・トール、ルーミー顔が欲しかったらノーマルのスバル・ジャスティといった感じで選べばいいと思います。

ちなみに興味がある方は、スズキ・ソリオとトヨタ・ルーミー(ダイハツ・トール)の比較記事も参照してみてください。

【スポンサーリンク】

0 件のコメント:

コメントを投稿