2017年10月9日月曜日

【トヨタ】ノアとヴォクシーは何か違いってあるの?ついでにエスクァイアも比較してみた【2017・2018】

つい先日2017年7月にトヨタの人気ミニバン車であるノアとヴォクシーがマイナーチェンジを行ったことが話題になりました。国産ミニバンおすすめランキングにも毎回入るであろうノアとヴォクシーですが、更なるテコ入れも兼ねて見た目が大幅に一新されました。ノア・ヴォクシーvsセレナの比較記事も昨年の今頃に執筆しましたが、ライバル車の存在もマイナーチェンジに踏み切らせた大きな要因だったのかも知れません。

トヨタ ノア ヴォクシー エスクァイア 比較画像
(ベストカー8月10日号 講談社)
そこで今回は改めてトヨタのノアとヴォクシーを徹底的に比較してみたいと思います。両者に何か大きな違いはあるのか。ついでに数年前から新たに発売されたエスクァイアも比べたいと思います。ミニバン車の購入に迷っている方が少しでも参考になれば幸いです。



スポンサーリンク



ノアとヴォクシーの見た目の違いを比較してみる


まずは見た目の違いを簡単に比較してみたいと思います。

(ベストカー8月10日号 講談社)
冒頭に貼った画像を再びチェックしてみると、左からエスクァイア→ノア→ヴォクシーの順番。

マイナーチェンジ前から考えると、三者の見た目はやや似通ったイメージが強くなった印象。とりわけノアやエスクァイアのヘッドライトが鋭く細くなったことで、どの車種も清潭な顔立ちになりました。マイチェン前はノアとエスクァイアのヘッドライトは太ましかったため、ややもすると今から評価すると野暮ったかったか。

(ベストカー8月10日号 講談社)
ただ真正面同士から比較(上からヴォクシー→ノア→エスクァイア)すると、ノアやヴォクシーの違いはより顕著に見て取れるかも知れません。特にフロントグリルとフォグランプやエアダクト周辺にデザインの違いが大きく見受けられます。

ノアやエスクァイアはメッキパーツがギラギラのグリルを採用し、シンプルに高級感が強め。ノアは正統派のデザインに対して、エスクァイアはそろそろフルモデルチェンジを予定しているセンチュリーを思わせる雰囲気。前者は誰にとっても買いやすい王道のデザインであり、後者は少し背伸びしたい方にとっては最良のデザイン。

一方、ヴォクシーはデカデカのエアダクトを採用してインパクト大。ヴォクシーは二段式ヘッドライトがより強調されて、同じトヨタのミニバン車だとヴェルファイアのフロントマスクに近付きました。どこかクセのあるデザインではあるものの、ヴォクシーは意外とギラギラ感がないため買いやすい。トヨタも売りにしてますが、男的なデザインであるためパパさん向けのファミリーカーには最適か。

ただエスクァイアはノアとヴォクシーの上位モデルに位置付けられてるんですが、実際に比較してみると今回のマイナーチェンジでノアとヴォクシーの洗練度が高まった印象。強いてネガティブな評価を下すなら、エスクァイアの立ち位置が若干程度下がってしまったかも知れません。

スポンサーリンク



初代ノアとヴォクシーを比較すると、実は今より違いがなかった


2017年のマイナーチェンジでノアとヴォクシー…更にはエスクァイアのデザインが、より共通のものが採用されたと言っていいかも知れません。おそらくイメージ戦略として3車種の見た目を共通させた方が、全体のブランド力そのものがパワーアップすると考えたのかも。

(Wikipedia)
ただ初代ノアとヴォクシーのデザインを比較してみると、実は元々から見た目に違いは両者で少なかったことが分かります。おそらく余程のクルマ好きでもない限り、今より見た目の区別が付かないか。2014年に現行ノアとヴォクシーがフルモデルチェンジして、両者のデザインの違いが際立っただけで、実は2代目ノア・ヴォクシーも見た目に違いも言うほどありませんでした。

そのためブランド戦略もあると思うんですが、ある意味原点回帰や軌道修正と呼べる内容だったのかも知れません。むしろノア・ヴォクシー・エスクァイアの違いを残しつつ、全体の共通したデザインを打ち出せてる点でトヨタのデザイン力の高さも見て取れる気がします。考えてみるとトヨタ車に限らず、他の国産車のデザインも随分質感が高くなったもんです。

だから少なくとも昔よりは確実に「ノアとヴォクシーのどっちを買えばいいかは迷う」という事態は起きるようなことはないはず。今現在のノアとヴォクシーはよりキャラクター分けされているので、昔どっちを買うか迷っていた方はすんなりクルマ選びできそう。

スポンサーリンク



ノアとヴォクシーは見た目以外は同じ


じゃあ見た目以外の違いがどこかあるのか?それを最後に検証したいと思います。結論から書くと、ノアもヴォクシーもエスクァイアも見た目以外は全く同じと考えていいと思います。

室内空間や車体サイズなどのスペックも全く同じ。グレード構成に関しても、グレード名が異なるだけで同じ。そのため同じエンジンを搭載してるため、エンジンスペックも同じ。当然ノアもヴォクシーも価格的な違いはないため、やはり装備面の差も存在しません。「トヨタ・GRブランドとは何か?」という記事も書きましたが、カスタマイズモデルに関しても同じ。

(上:ノアの内装、下:ヴォクシーの内装)
例えば内装やインテリアのデザインに関してもノアもヴォクシーも全く同じ。比較してみると顕著なほど、ほとんど見分けがつきません。この違いを判別できれば、きっと名探偵コナンの後釜に座ることができるはず。グレードによってシートの素材なども変わってくるものの、同グレードで比較すればノアもヴォクシーも違いは出ません。

(エスクァイアの内装)
ただエスクァイアに関してはノアとヴォクシーよりも価格が割高のため、内装デザインこそ大きな違いはありませんが、シートの素材やステアリングなど細かい部分で結構質感が違います。もちろんエクステリアほどの明確な違いはないものの、エスクァイアは価格相応の違いがノアやヴォクシーよりも存在します。

スポンサーリンク



トヨタのノア・ヴォクシー・エスクァイアの比較総括


以上、トヨタの人気ミニバン車であるノア・ヴォクシー・エスクァイアの比較記事まとめでした。

基本的に装備面やスペック面などは同じ。あくまで大きく違うのは「見た目」や「デザイン」のみと考えてください。ノアとヴォクシーのどっちが質感が高いデザインかは好みによると思いますが、その好き嫌いで素直にクルマ選びをすればいいのではないでしょうか。あとノアとヴォクシーは購入できるお店が違うので、そこら辺で競合しても面白いでしょう。

ちなみに既に「トヨタ・アルファードとヴェルファイアの違いまとめ」や「ファミリーカーにはSUVとミニバン車のどっちがおすすめか?」といった比較記事も書いてるので、もし興味があれば良かったら御覧ください。

【スポンサーリンク】