スポンサーリンク

2016年9月23日金曜日

【厳選】燃費以外から選びたい人気おすすめハイブリッド車17選【2017 2018ランキング】

日本で人気の売れてる車種と言えば「ハイブリッド車」。新車販売ランキングを見ても、ハイブリッド車が上位にランクインされることは日常茶飯事。2016年2月にはトヨタ・アクアが累計で100万台を早くも突破、数年前にはクラウンハイブリッドも100万台を突破するなど、大衆車から高級車まで当たり前のように普及した感があるハイブリッド車。

このハイブリッド車のおすすめポイントはやはり低燃費。ただ維持費が安いことに越したことはありませんが、ハイブリッド車の価格はそれなりにお高め。自動車の魅力は低燃費ばかりでもないはず。

そこで燃費以外のハイブリッド車の魅力は何なのか?また敢えて今更ですがオススメのハイブリッド車はどんな車種なのか?ジャンル別にピックアップしてみました。



コンパクトカーはフィットかイグニス

まずはトヨタ・アクアに代表されるように、コンパクトカーのおすすめ車種を考察してみたいと思います。ただコンパクトカーのおすすめと言っても、意外とラインナップされてるハイブリッド車は少なく、基本的に二車種に絞られます。それがアクアとホンダ・フィット。

おすすめハイブリッド車 フィット
両者のどちらがおすすめか結論から書くと、個人的にはフィットをおすすめします。

何故なら、ハイブリッドエンジンの性能はアクアの方が上回りますが、とにかくアクアは狭い。一方、フィットはセンタータンクレイアウトを採用してるおかげで室内や荷室が抜群に広い。

そしてガソリンエンジンもアクアと比較するとパワフルなので、動力性能や加速性能でもフィットの方が上回ると思います。アクアはベタ踏みするとエンジンがうなるなど、却ってうるさくなることも難点と言えます。

だから燃費性能以外を追求するとフィットがおすすめできる…いや正確にはアクアはおすすめしにくいが故にフィットに軍配が上がると言えます。

おすすめハイブリッド車 イグニス
また敢えてストロングハイブリッドにこだわらないのであれば、更にスズキ・イグニスもおすすめ。見た目が何といってもポップ。輸入車の中に並んでても、その存在感は際立つでしょう。SUVテイストなデザインも目を引きます。

このイグニスはコンパクトカーの中でも更にフィットよりも小さいAセグメントサイズ。つまりフィットやアクアよりも車体サイズが小さいものの、それでいてアクアと同等かそれ以上の室内空間を誇っている実用性の高さもおすすめ。

このイグニスはモーターのパワーが弱いマイルドハイブリッドシステムを搭載してるものの、それが全車に設定されてる。それでいて価格面は200万円にほぼ確実に収まるので、そういったお値打ち感もおすすめできる要素。

ちなみに、このおすすめランキングを書いてる時点では、まだ日産ノートのハイブリッドモデルは発売されてないので割愛してます。現段階でBMW・i3のシステムを流用したハイブリッド程度しか情報がないので、また日産ノートハイブリッドについてはいずれ加筆したいと思います。


Cセグメントハッチバックはやはりプリウス

続いては、トヨタ・プリウスなどに代表されるCセグメントハッチバック車。

おすすめハイブリッド車 プリウス
結論から書くと、正直そのプリウスぐらいしかおすすめできません。ハイブリッド車に限らず、実は国産車だとCセグメントサイズのクルマそのものが少ない。

プリウスと同車格のトヨタ・オーリスやマツダ・アクセラもハイブリッド車が用意されてるものの、先代プリウスのハイブリッド機構をそのまま搭載してるので、どうしても設計や中身は古い。

もちろんオーリスやアクセラはシャシー性能など自動車としての完成度は高いものの、敢えてハイブリッド車としておすすめできるかどうかを考えると微妙。そもそもアクセラの場合はセダンタイプにしかハイブリッドが用意されていないなど、素直にガソリン車を購入することをおすすめします。

またスバル・インプレッサにも同じく先代プリウスのハイブリッドモデルが用意されていましたが、先日のフルモデルチェンジで消滅。いずれ新型インプレッサもハイブリッド化されると思いますが、現時点ではおすすめ以前にそもそもの候補としてもアガリません。

ホンダ・シャトルも室内空間が広いなど燃費以外にも魅力は多いですが、基本設計は前述のフィットがベース。車体サイズはプリウスとあまり変わらないものの、つまり実質的にBセグメント。カローラーフィールダーハイブリッドも同じく、ヴィッツベースという点が気になります。

敢えて「Cセグメント」というくくりでオススメするなら、やはりプリウスに絞られそうです。


軽自動車のおすすめはスズキ車

ハイブリッド車と聞くと、どうしても普通車・小型車ばかりが頭に浮かびますが、実は軽自動車にもハイブリッドモデルが発売されています。何故なら最近の軽自動車はそこそこ大きいので、小型のモーターと小型バッテリーを搭載することはスペース的に十分可能。

だから先程のイグニスと同様にエンジン走行をアシストするマイルドハイブリッドシステムを採用されている車種も多い。ただハイブリッドの軽自動車を発売してるのはスズキ車だけ。

おすすめハイブリッド車 ハスラー
だからおすすめしようにもやはり選択肢は限られるものの、特に条件を設けないならハスラーをおすすめします。デザイン性は言うまでもありませんが、実はコスパの高さが際立っている。色んな装備品が付いてるのに安い。

また家族がいる世帯であれば、スペーシアをおすすめします。どうしても個性が薄くホンダ・N-BOXやダイハツ・タントの影に隠れていますが、スペーシアの室内空間や使い勝手の良さはそれらと見劣りしてません。もしタントがハイブリッド化されたらと考えたら欲しくなりませんか?そういうことです。


セダン車はクラウンなど幅広くおすすめ

国産のセダン車は人気がないと言われつつも、クラウンやカローラアクシオなど健闘している車種もあります。だから意外とセダン車には魅力的なハイブリッドが多い。

まずカローラアクシオの価格を見てみると、ハイブリッドは200万円を超える。あくまでカローラは5ナンバーサイズであり、ガソリン車だと150万円前後で購入できることを考えたら割高感が強い。またハイブリッドは急加速時のギクシャク感も目立つなど、その価格差を無視してまでおすすめできるかは微妙。

ただ荷室空間はセダン車といっても意外に広くて、ラゲッジスペースにゴルフバッグが4個収納できる空間が確保されています。また自動で荷室のドアが開くなど面白い仕掛けが盛り沢山で、セダン車は意外と実用性という点でおすすめできる。カローラハイブリッド以外の選択肢だと、ホンダ・グレイスもおすすめ。内装の質感はカローラよりも高いはず。

おすすめハイブリッド車 アコードハイブリッド
続いてアコードハイブリッドもおすすめ。2モーター式のハイブリッドを採用してるんですが、こちらはガソリンエンジンで発電するタイプ。つまりは基本的にモーターのみで走行するので静粛性が高い。また滑らかな走りは高級感があっておすすめ。価格も400万円以下と高級セダンの中ではお値打価格も魅力的。

おすすめハイブリッド車 クラウンハイブリッド
クラウンハイブリッドの価格は下手すると600万円近くしますが、それでも圧倒的なブランド力を誇るのが魅力的。高級セダンらしい乗り心地に、思わず誰もがうっとりすることでありましょう。「所有欲を満たす」という点では、クラウンほどおすすめできる車種はありません

おすすめハイブリッド車 スカイラインハイブリッド
日産にはスカイラインハイブリッドというセダン車も用意されています。FR仕様で俊敏なハンドリング性能など、アコードやクラウンなどよりもスポーティーな乗り心地が味わえるはず。

スカイラインはハイブリッド車として見るとモーターのパワーが70馬力程度しかありませんが、3.6L V6エンジンの加速感は何事にも変えがたいものがあるはず。全方位対応のミリ波レーダー型自動ブレーキの安全性能も高いのがおすすめです。

クラウンハイブリッドと同価格帯の高級セダンハイブリッドには、ホンダのレジェンドなんてのもあります。3モーターで走行するハイブリッドシステムで、システム出力は382PSの高馬力。

スカイラインに負けず劣らず、圧倒的な加速感と実燃費が両立された魅力的なハイブリッドセダンだと言えますが、スポーティーさを売りにしてるのか高級さを売りにしてるのか曖昧。レジェンドのデザインも高級感にはやや欠けて、そういう点でアコードハイブリッドよりおすすめ度は下がるかも。

ちなみにマツダ・アクセラセダンがハイブリッド化されてるので、同じようにアテンザもハイブリッド化されてるような思い込みがありますが、残念ながらアテンザにハイブリッドはありません


スポーツカーのおすすめはNSX

続いてはスポーツカーのおすすめ。スポーツカーそのものの選択肢は国産車に少なく、そこへハイブリッドに限定するとどうしても選択肢が絞られるので、先程の日産スカイラインもコチラに含めても良かったかも知れません。

おすすめハイブリッド車 NSX
ただ結論から書くとホンダ・NSXのみと言えます。前述のレジェンドと同じ3モーター+3.5LのV6ガソリンエンジンを採用したハイブリッドシステム。ただシステム全体の最高出力が427kW/581PS。システム全体の最大トルクは646Nm/65.9kgm。ほぼ1.5倍。NSXの価格も2000万円以上ですから、まさにバケモノ。

こんな異次元の高スペックを見せつけられると、国産のハイブリッド車の中では比肩する車種はないはず。少なくともハイブリッドスポーツカーではNSX以上におすすめできる車種はきっと見当たらないでしょう。

お金がある方は是非NSXの購入を検討してみて下さい。フェラーリやランボルギーニが3000万円4000万円することを考えたら、むしろ安いぐらいかも知れません(笑)


ミニバンのおすすめはオデッセイハイブリッドだが…

ハイブリッド車以上に日本の自動車市場で人気のジャンルと言えば、ミニバン。そのミニバンがハイブリッド化してしまったら、まさに鬼に金棒状態。ただミニバンはファミリーカーなので、何やかんやハイブリッドは実燃費が良いと言っても車両価格は無視できません。

だからノアやヴォクシーといったミニバンの売れ筋を見ると、意外とみんなハイブリッドモデルを購入せずにガソリン車を選択してる。これはアルファードやヴェルファイアといった高級ミニバンでも同じ傾向が読み取れます。

いずれセレナやステップワゴンもハイブリッド化されると思いますが、だからハイブリッドのミニバンを選択するメリットって実は薄い。またミニバンは各社力を入れて開発してるので、良くも悪くも正直どのミニバンも似たり寄ったりですから、敢えておすすめハイブリッド車を選ぶとしたら「ハイブリッドの性能の違い」で選ぶしかありません。

おすすめハイブリッド車 オデッセイハイブリッド
そこで個人的に敢えておすすめミニバンを選ぶとしたら、ホンダ・オデッセイ。先程のアコードハイブリッドと同じ。ガソリンエンジンを使って発電して、電気モーターを使って走行するので、走行音は静かで実燃費にも優れてるのでおすすめ。ミニバン車としては高価な部類に入りますが、オデッセイそのものが高価なのでそこまで気にならないはず。

ちなみに以上はMクラスミニバンでしたが、もう少し車格を下げたシエンタの売れ筋を見ると、ハイブリッドとガソリンは半分半分ぐらいにまで増えます。コンパクトミニバンだとハイブリッド化されても、価格が200万円ちょいで収まるのでファミリカーとしては選択しやすい価格なんだと推察されます。

もしコンパクトミニバンの中からおすすめを選ぶとしたら、シエンタ以外だとホンダ・フリードやスズキ・ソリオをおすすめしておきます。


SUVはヴェゼルとエクストレイル

ラストはSUVのおすすめ車種。SUVは世界的にも人気で色んな車種が発売されてるものの、実はハイブリッドに限定すると車種は多くない。結論から書くと、ホンダ・ヴェゼルと日産・エクストレイルがおすすめ

ヴェゼルはとにかくSUVの中で一番売れてる人気車種。それなのにハイブリッドモデルでも230万円ぐらいから購入できるお手頃価格は魅力的。また自動ブレーキ・ホンダセンシングも設定されていて安全性能が高いのでファミリー向けにも実はおすすめ。それなりに走破性も高く、室内もしっかり広いなど欠点らしい欠点がありません。

おすすめハイブリッド車 エクストレイル
日産・エクストレイルはミドルクラスSUVの中では一番売れてるので、やはり実際に人気。ヴェゼルと共通してますが、デザインも割りとカッコ良い。

ハイブリッドモーターのパワー感はそこまでありませんが、「ALL MODE 4×4」や「ヨーモーメントコントロール」といった独自の4WDシステムを採用するなど、ぬかるんだ道や雪道でもグリップ力や操縦安定性は高いと評判。強いて批判するとしたらタイヤの空気圧の関係もあって、エクストレイルは高速域だと突き上げ感はやや吸収しきれません。

ヴェゼルはあくまでオンロード仕様ですが、エクストレイルはまさにオフロード仕様といったテイストを感じます。ハイブリッド車としてだけではなく、しっかりSUV車としての性能が高いのがおすすめポイント。

同じミドルクラスのSUVにはトヨタ・ハリアーハイブリッドなんてのも発売されてます。ハリアーは高級さを売りにしていて、吸音材や制振材をふんだんに使い乗り心地や静粛性は最高。追従クルーズコントロールや自動ブレーキなど安全性能も充実。

ただハイブリッドモデルは前後にモーターを配置したモデル(4WD)のみなので、価格は余裕で400万円を超えるなど割高感は否めない。またモーターのみで出力は約200馬力と、余裕でエクストレイルを超えるパワフルさがあるものの、高級感を売りにしてるのかスポーティーさを売りにしてるかキャラクターがやや曖昧。

敢えて「ハイブリッドをおすすめ」できるかで考えると、ハリアーは魅力的なSUVではあるもののガソリン車で十分。正直400万円500万円出すならレクサスNXなど他の選択肢も見えてくるのかなと。

ちなみに、このトヨタから新しく「C-HR」というSUVが今年2016年中には発売される予定なんですが、現時点では発売されてないので割愛してます。ベースはプリウスですから走行性能やシャシー性能などは優れてると期待が持てます。

【スポンサーリンク】
 


【スポンサーリンク】
 

0 件のコメント:

コメントを投稿