2017年2月6日月曜日

【2017年】次期ジューク フルモデルチェンジ最新情報まとめ【日産SUV】

2010年6月から発売された日産・ジュークといえば、何と言っても特徴的なデザイン。今でこそ毎月の毎月の販売台数は1000台もありませんが、ジュークは「コンパクトSUV」というジャンルの火付け役的な存在として有名。少なくとも自分はそう思ってます。

日産 次期型ジューク フルモデルチェンジ最新情報まとめ
ベストカースクープスペシャル2017
この日産新型ジュークがそろそろフルモデルチェンジを行う予定らしい。つまり、そろそろ!!あくまでヨーロッパでの話ですが、ジュネーブモーターショーで次期型ジュークが公開されるはず。

日本で実際に次期型ジュークが発売されるのはもう少し先の話にしても、期待が高まるってもんです。そこで簡単に新型ジュークのフルモデルチェンジ情報をまとめてみました。2016年10月に書いた記事ですが、ベストカーさんのフルモデルチェンジ予想画像を追記。


ちなみに漫画感想ブログ『バズマン』では「ガチで面白い漫画だけおすすめランキング」も興味がある方は是非ご覧くださいませませ。


【スポンサーリンク】




そもそもジュークとは?


そもそも「ジュークとは一体どういったSUVなのか?」を簡単におさらいしておきます。冒頭でも書いたように、現行ジュークが登場したのは2010年6月。今から約6年以上前にも関わらず、デザインが先進的すぎる。

まさにアバンギャルド(革新的)。ライトの配置だけでここまで個性を生み出せるのが見事。今でもジュークのデザインは全然飽きが来ない。

ジュークはリアもお尻がキュッとしまってて、コンパクトSUVらしいデザインを初っ端から体現しちゃってる。またエクステリアだけではなく、ジュークは内装も個性的で奇抜で質感も意外に高かったりします。

このジュークは日本よりも、実は海外の方が人気。2014年には発売から40ヶ月で世界累計で42万台を突破してる。例えばトヨタから発売されたSUV「C-HR」は海外だと「トヨタ版ジューク」と言われているぐらい、外国のドライバーさんの中ではジュークというブランドは浸透している。

またジュークはエンジンも先進的だった。

今でこそダウンサイジングターボは日本国内でも普及しつつありますが、実はジュークが発売された2010年には1.6L直4ターボエンジンを真っ先に設定してる。この1.6Lターボは2.5Lエンジンに匹敵するトルクを発生するパワフルさがある。2013年には更にスポーティーな「ジュークNISMO」も発売済み。

だからデザインばかりに目が行きがちなジュークですが、実は中身はゴリゴリのSUVクロスオーバー。

ジュークのフロントサスペンションにはサブフレームを採用して、リヤサスペンションも高剛性。低速域でこそやや突き上げ感はあるものの、中高速域のジュークの乗り心地は快適そのもの。低燃費ばかりが追及されがちな中、ジュークはまさに硬派なSUVに仕上がってる。

もちろん、その分だけジュークにはデメリットも多い。デザイン優先した車体はやはり室内が圧倒的に狭い。後席リアシートの空間に関しては、とりわけコンパクトカーの中でも狭い。その狭さは桂南光のおデコ並に狭い。もはやデューク東郷ならぬジューク南光といったところ。

またジュークにはハイブリッドモデルが発売されておらず、注目の1.6L直4ターボエンジンを搭載したモデルの価格は240万円とコンパクトSUVとしてはかなり割高。そのためジュークは2013年にマイナーチェンジを行い、2015年に一部改良を行ってからというもの、その後のテコ入れ策に関しては何の音沙汰もナッシングでした。

このジュークがようやく2017年中にフルモデルチェンジを果たします。


【スポンサーリンク】




次期ジュークに初採用されるCMF-Bプラットフォーム


ということで、ここからが本題。次期ジュークに関するフルモデルチェンジ情報について簡単に列挙していきたいと思います。

新型ジュークには「CMF-B」という新しいプラットフォームが採用されます。これは日産自動車とルノーが共同開発してるプラットフォーム。「B」の意味はそのままBセグメント用のプラットフォームを指しています。

これが同じくフルモデルチェンジ予定の新型マーチ(海外名マイクラ)に先駆けて投入されて、新型ジュークはその二例目に当たる。おそらく今後は姉妹車のキャプチャーやルーテシアなどの車種にも採用されていくに違いありません。

CMFの意味は「コモン・モジュール・ファミリー」の略語。

コモンモジュールという単語から何となく察することができますが、各ボディータイプと複数のセグメントに適したコンポーネントや部品を設けて、その組み合わせだけでSUV意外にもハッチバックやセダンMPV(ミニバン)といった様々なプラットフォームを自由自在に作れるんだそう。

具体的にはエンジンコンパートメント、フロントアンダーボディ、コックピット、リアアンダーボディの4種類に大別されてる。それだけ開発コストや調達コストがグーンと下がるって代物らしい。自動車の骨格部分だからこそプラットフォームの開発には莫大なお金がかかる。そのため複数車種で使えるプラットフォームを開発しないとコストが回収できない。さすがケチケチゴーンさん。

【スポンサーリンク】




次期ジュークの車体スペックやデザインはどう変更される?


続いて車体スペックを見ておくと、フルモデルチェンジ後は全長がやや拡大。

具体的には新型ジュークのサイズは4200×1765×1565mm(全長×全幅×全高)。現行ジュークが4135×1765×1570mmですから、全長が7cmほど伸長されることになる計算。逆に全高が5mm下がるので、新型ジュークは若干クーペテイストが増すのか。

日産 次期ジューク フルモデルチェンジ予想画像
ベストカー2月10日号
そこで改めてフルモデルチェンジ後の次期ジュークの予想画像を貼っておくと、基本的にはキープコンセプト。ジュークはエクステリアが個性的すぎた故に、フルモデルチェンジ後の展開は難しいと思われてましたが予想通り。

次期ジュークのリア画像を見ても、意外とこんなマフラーの円筒状以外の形状は個人的に大好物。もしフルモデルチェンジ後にジュークに採用されれば、コンパクトカークラスの車種では珍しいのではないか。

他にも次期ジュークのフルモデルチェンジ予想画像をいろいろ確認してみると、リアのドアノブがピラーに内蔵していることや、ヘッドライトやフォグランプやエアダクト周りのデザインは両者とも似てるなど情報源がおそらく同じ。つまり、この記事で紹介しているフルモデルチェンジ情報の確度は高いと言えそうです。

http://www.autoevolution.com/

次期ジューク予想画像の大きな違いがあるとしたら、Aピラーとがブラックアウト化されてるかどうか。おそらくベストカーさんの次期ジュークはルノー・キャプチャーを少し参考したのではないかと予想してみる。

この次期ジュークのモチーフとなってるのが、確か2015年のフランクフルトモーターショーで初お披露目された「Gripz」というコンセプトカー。次期ジューク予想画像と比較してみるとフロントグリルやヘッドライトの形状などは似てる部分は多い。

ただ残念ながら、ジュークの特徴の一つだった丸みを帯びたヘッドライトは消滅する可能性は高そう。もったいない。

【スポンサーリンク】




次期ジュークの室内はやっぱり狭そう


だから次期ジュークは良くも悪くも、個性的なデザインはフルモデルチェンジ後も踏襲される可能性が高そう。

でも逆に言えば、新型ジュークでは全長がやや伸びたとしても全体的なデザインが変化しない以上、やはり室内空間の狭さはフルモデルチェンジ後も際立って改善する可能性は低いはず。

じゃあ何故次期ジュークが全長を大きく伸ばさないのかと言えば、日産にはキャッシュカイという売れ筋のSUVモデルも抱えてるから。日本人にはデュアリスの名前の方がおなじみか。

ジュークは前述のプラットフォームの件でも触れましたが、あくまでBセグメント。一方のキャッシュカイはCセグメント。もし次期ジュークがフルモデルチェンジで拡大化しすぎると、お互いの個性がバッティングしてしまう。ということで新型ジュークの居住性はあまり改善されていない可能性が高いとのこと。


【スポンサーリンク】



フルモデルチェンジ後のエンジンラインナップ


ラストは新型ジュークのエンジンラインナップ。

現行ジュークは1.6L直4ターボエンジンを搭載してるわけですが、新たに1.2L直4ターボエンジンも設定される模様。1.0L直3ターボエンジンの設定もあるとかないとか。1.5L NAエンジンは改良されて、引き続き次期ジュークにもラインナップされるらしい。

また新型「ノート e-POWER」に搭載されたハイブリッドエンジンを新型ジュークでも搭載してくる可能性大。電気モーターのスペックはリーフのお下がりですが、新型ジュークの車重が1.5トンを超えるとは思えないので、SUVとしては必要十分なトルク感と言えるでしょう。

次期ジュークでもご多分に漏れず、どうやらフルモデルチェンジ後は燃費性能を優先してくるらしい。燃費規制は世界的に強まる中、ジュークも所詮は大衆車である以上、その流れには逆らえない。良くも悪くも、次期ジュークは少し没個性化するぐらいでちょうどいいのか。

【スポンサーリンク】

0 件のコメント:

コメントを投稿