スポンサーリンク

2016年10月31日月曜日

どれを買うのがベストか?ランドクルーザーの車両価格と装備一覧をまとめてみた

 トヨタのランドクルーザーといえば、世界に誇るSUV車(クロスカントリー)。中東の砂漠でもランドクルーザーが走っている映像などが印象的。それだけ厳しい環境でも走破性や耐久性に優れているからこそ、世界的にも評価が高いクロスカントリー車として日本以外で人気というもの頷けます。

そこで今回はランドクルーザーのグレード別の車両価格を簡単にまとめてみました。トヨタの公式ホームページを閲覧すれば済むやんって話ですが、意外とグレード別にページが分かれているので価格を一度に確認するのが手間。だから意外とこういう自動車記事は需要があるとかないとかで、どっかの記事からまんまパクってる部分もありますがお気になさらず。

2016年10月29日土曜日

【画像あり】日産セレナNISMOがカッコイイ件www【最新情報まとめ】

ご存じの方も多いと思いますが、日産セレナが先日フルモデルチェンジ。新型セレナとノアヴォクシーの比較記事新型セレナとステップワゴンの比較記事は既にアップロード済み。かなりの長文記事ですがお暇なときにでもどうぞ。

日産 新型セレナNISMO めっちゃカッコいい 画像写真
セレナニスモの予想画像
この日産セレナからNISMOモデルが2017年中に発売されます。同じく2017年にG's改め「ノアヴォクシーGR」に一部改良されるトヨタに対抗しようという日産自動車の狙い。既に今年1月の東京オートサロン内でも告知済みだったそうですが、とりあえず簡単に「セレナNISMO」について情報をまとめてみました。

2016年10月28日金曜日

【2018】次期スペーシア フルモデルチェンジ最新情報まとめ【スズキ】

スズキの超ハイト系スライドドア軽自動車(長い)といえば「スペーシア」。パレットの後継車として2013年に登場しました。昨年2015年には早くもマイナーチェンジで自動ブレーキなどが搭載されました。

スズキ新型スペーシア フルモデルチェンジ最新情報
ベストカースクープスペシャル2017
そのスペーシアが再来年2018年にフルモデルチェンジするらしい。来年2017年にフルモデルチェンジされる可能性も指摘されてましたが、スズキは燃費不正の問題で国交省から目を付けられていることが尾を引いてる模様。

そこで次期スペーシアのフルモデルチェンジ最新情報を軽~くまとめてみました。

【スポンサーリンク】




2016年10月27日木曜日

三菱eKスペースがマイナーチェンジでイカツク変身しすぎwww【2016年12月】

最近いろいろあって日産自動車の傘下に入った三菱自動車ですが、軽自動車「eKスペース」が再来月12月にマイナーチェンジするらしい。その中でもカスタムモデルのルックスがイカツクなりすぎてる件www

【2017年夏】ホンダ S660から新色ブラウンが追加へ!【特別仕様車】

ホンダの軽スポーツカーといえば「S660」。先日はビルシュタインダンパーや赤いレザーシートを採用した「無限AR」というカスタマイズカーも発売されました。そういえば昔に「S660 VS コペン」という比較記事も書きました。

このS660から来年2017年夏頃に新色・ダークブラウンが追加されるらしい。また内装には上質なタンで彩られたインテリアが採用されるらしい。まさにヤンチャな雰囲気から「シックな装い」にS660が衣替えといったところか。そう考えると何故夏に発売されるのかは不明(笑)

2016年10月25日火曜日

【2017】新型インプレッサ vs ゴルフ 徹底比較 Cセグメント最強はどっちだ!?

2016年10月にスバル新型インプレッサが5年ぶりにフルモデルチェンジ。新型プラットフォームを採用するなどして大幅に刷新。新型インプレッサの試乗記事を読んでもまさに絶賛の嵐で、先代インプレッサからかなり進化したことが伺えます。

新型インプレッサ VS ゴルフ 比較
ベストカー10月26日号
そこで気になるのが同じCセグメントカーであるフォルクスワーゲン・ゴルフの存在。ゴルフと言えば外車・国産車に関わらず、Cセグメントカーのベンチマーカーとして知られています。

そこでベストカーさんの記事を参考に新型インプレッサとゴルフの違いを比較してみました。果たしてスバル新型インプレッサはどこまでゴルフに肉薄することはできたのか?もしかするとインプレッサはゴルフを追い抜くことができたんでしょうか?

2016年10月24日月曜日

【2017】ムーヴキャンバス VS タント 徹底比較まとめ【2018】

先月2016年9月に発売された新型の軽自動車といえば、ダイハツ・ムーヴキャンバス。新型とは言っても旧ムーヴコンテの後継車。ちなみに未だに「ムーヴ」と「ムーブ」を間違えるのは自分だけでしょうか?(笑)

ただムーヴキャンバスはコンテ後継車ではあるものの、実はヒンジドアではなくまさかのスライドドアを採用。ダイハツは既にウェイクも投入されているので、今回のムーブキャンバスで絶賛スライド軽自動車が増殖中。いずれミラもスライドドアになりそう(笑)

タント ムーヴキャンバス 比較画像
ベストカー11月10日号
そこで気になるのがムーヴキャンバスと同じく、スライドドアタイプのダイハツ・タントの違い。ムーヴキャンバスは見た目から女性ウケを狙っているようですので、やはり子育て世代向けのタントと「狙い」が被っている面も多いはず。

そこでベストカーさんの比較記事を参考に、ムーヴキャンバスとタントを比べてみました。購入時の参考にしてください。

2016年10月14日金曜日

【新型】ボルボから最小コンパクトSUV「XC40」が2017年後半に発売へ!!

スウェーデンの自動車メーカーといえばボルボ。現在は中国メーカーの傘下に入っているようですが、日本でも昔からボルボの輸入車は人気があります。このボルボも世界的な流行りにも乗って「XC60」や「XC90」といったSUVラインナップが充実してますが、いかんせんボディーサイズが大きめのSUVが多めです。

ボルボ・XC40 2017年に発売へ 最新情報画像
マガジンX7月号
ただボルボから「XC40」という最小コンパクトSUVが2017年後半に発売されるとのこと(日本販売は遅れて2018年を超える可能性は大)。名前から想像するとボルボV40をベースにしたSUVなのか?そこでボルボXC40に関する最新情報を簡単にまとめてみました。

【考察】トヨタとスズキが提携して自動車業界の再編は起きるのか?

トヨタ自動車とスズキは12日、環境や安全、情報技術などの分野で業務提携の検討を開始すると発表した。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101200553&g=eco
2016年10月12日、衝撃的なニュースが発表されました。何とトヨタ自動車とスズキ自動車が業務提携を結ぶ予定らしい。おいおいトヨタ自動車の傘下には最近完全子会社化したばかりのダイハツ工業がいるはずではなかったのか!?

そこでトヨタとスズキが業務提携を結ぶことで自動車業界の再編が起きるのか、スズキがトヨタの子会社に入るのかなど色々と考察してみた。

2016年10月13日木曜日

【2017】レクサス次期CT フルモデルチェンジ最新情報まとめ【画像あり】

レクサスの最小コンパクトといえば「レクサスCT」。いずれヴィッツベースの更にCTより小さいレクサス車が発売される予定ですが、このレクサスCTは2011年にデビューしてから早5年超。2014年11月にマイチェンしてから早2年。そろそろ大きな動きが欲しいのが本音。

レクサス新型CT フルモデルチェンジ最新情報
ベストカー11月10日号
でもいよいよレクサス・CTがフルモデルチェンジするらしい。果たして次期CTは一体どういった変更が行われるのか?簡単にフルモデルチェンジ最新情報をまとめてみました。

【教えて】レクサスオーナーの平均年収は?LX570購入者から見えた意外な年齢層とは?

レクサスRC F
世界的な高級車ブランドといえば「レクサス(LEXUS)」。ブランド力では世界に名だたるメルセデスベンツやBMWなどとも引けを取りません。ただレクサスは自動車メーカー名ではなく、あくまでブランド名。このレクサス車を開発・展開しているのは、世界のトヨタ自動車。

このレクサスの歴史は意外と古く、1989年からアメリカで事業展開が始まりました。つまりレクサスというよりLEXUS。でも日本人にとってはLEXUSブランドは新しい存在。何故ならレクサス車が日本で販売されたのは2005年と、つい最近の話。悲しい話ですが、それだけ高級車ブランドではドイツの御三家が強かった裏返しか。

だからこそレクサスが欲しい。LEXUSに限らず高級車は高嶺の花子さんですが、果たしてサラリーマンでもLEXUSを購入することができるのか?どれぐらいの年収があればレクサスを購入できるのか?そもそもLEXUSを購入している年齢層はどんなもんなのか?軽く考察してみました。

【2019】レクサス新型UXとは何だ?CTベースのSUVがカッコよすぎる件【最新情報まとめ】

日本でもようやく定着しつつある高級車メーカーと言えばレクサス。このレクサスから新型コンパクトSUVが発売されることが決定。その名も「レクサス新型UX」。開発コードは100B。

レクサスUXコンセプトモデル

既に2016年のパリモーターショーにレクサスUXが出品されるなど、着々と新型UXの開発は着進んでる模様。そこでレクサス新型UXに関する最新情報をまとめてみました。一体どういったクロスオーバーになるのか?果たしてレクサス新型UXはいつ発売されるのか?

2016年10月6日木曜日

【2017】次期ポロ 最新フルモデルチェンジ情報まとめ【フォルクスワーゲン】

フォルクスワーゲンを代表するBセグメントコンパクトカーといえばポロ。一見するとゴルフと見た目の違いなど見分けが付きませんが、それでも古くから日本でも親しまれている輸入車の一つです。ポロとゴルフの比較も参照。

価格のお手頃さも魅力の一つ。日本では現行ポロは2009年10月から発売されて、その後は何度か一部改良やマイナーチェンジが行われました。

フォルクスワーゲン次期ポロ フルモデルチェンジ最新情報まとめ
autoevolution
そしてこの度、いよいよポロのフルモデルチェンジが近づいてきているらしい。現行ポロが5代目ですので、次期ポロは6代目にあたります。そこで6代目ポロに関するフルモデルチェンジ情報を簡単にまとめてみたよー。

2016年10月5日水曜日

【2017】新型セレナ vs ノア ヴォクシー 徹底比較まとめ 5ナンバーミニバン最強はどっちだ!? 【2018】

つい先日、2016年8月に日産のミニバン車「セレナ」が6年ぶりにフルモデルチェンジされました。それに先駆けて2014年1月に新型になったのがトヨタのノア・ヴォクシー。

まさに両者は5ナンバーサイズミニバン(Mクラスミニバン)を代表するライバルで、常にセレナとノア・ヴォクシーは販売台数でも争っている状態。だからミニバンが欲しい主にファミリー層はどちらを購入すればいいか迷っている人たちも多そうです。

新型セレナ ノア・ヴォクシー 徹底比較まとめ
カートップ10月号
そこでカートップさんやベストカーさんの記事を参考に、新型セレナとノア・ヴォクシーを徹底的に比較してみてみました。

走り、乗り心地、居住性、三列シートの使い勝手、荷室の広さ、維持費などありとあらゆる面で比較してみたので、是非新型セレナやノア・ヴォクシーの購入を考えてる方は参考にしてみてください。必ず疑問に思っている答えが書かれているはず!!(大げさ)

【2017】新型セレナ vs ステップワゴン 比較して分かった予防安全以外のおすすめポイント【2018】

日産を代表するミニバンと言えば「セレナ」ですが、ようやく2016年8月にフルモデルチェンジされました。先代セレナは2010年11月と随分前に登場したので、一向に新型が発売されないのでやきもきしてました。

何故なら新型セレナの競合車であるホンダ・ステップワゴンが一足お先に2015年4月に刷新されていたから。やはり新型車とモデル末期の車種を比較しても、その情報はあまり参考にはなりません。でもようやく新型セレナとステップワゴンを比較することができます。

新型セレナ ステップワゴン 比較まとめ
カートップ11月号
ということでカートップさんの試乗記事を参考に、新型セレナとステップワゴンを徹底的に比較してみたいと思います。両者のミニバンはどちらも予防安全性(自動ブレーキなど)に優れていることで知られていますが、果たしてソコ以外に注目する点はないのか?など考察してみた。

走り、維持費、居住性、シートの使い勝手、乗降性、コストパフォーマンスなど、必ずアナタが知りたいセレナとステップワゴンの答えが書かれているはず!(ΦωΦ)フフフ…

2016年10月2日日曜日

【感想】新型インプレッサの試乗評価が絶賛の嵐すぎて逆に怖いwww【口コミ評判】

東日本大震災があった2011年12月に登場した現行インプレッサ。2012年2013年と立て続けに一部改良を行い、2014年11月にはマイナーチェンジが実施。そのインプレッサが2016年10月13日に約5年ぶりにフルモデルチェンジが行われました。

カートップ11月号
1.6Lエンジングレードは来年2017年2月に発売が何故か遅れるとのことですが、既に9月初旬には自動車雑誌さんでは新型インプレッサのプロト版(何故製品版じゃないのかは不明)を試乗されていたそう。新車を発売に試乗できるのは、まさに自動車雑誌さんの特権と言えます。

だからもう既に色んな自動車雑誌さんが新型インプレッサを試乗されているんですが、その試乗インプレッションがとことん絶賛ばかりだった件。まさにインプレッサのインプレッションがインプレッシブ(早口言葉として使ってみてください)。

そこで新型インプレッサを試乗した感想や評価を色んな雑誌(カートップ・ベストカー・マガジンX)さんからまとめてみたので、新型インプレッサの購入の判断にしてみてください。

2016年10月1日土曜日

【最新情報】CX-6とは何だ?マツダのミニバンユーザーを取り込むことは可能か?【三列シートSUV】

割りとちょいちょい社内で陰さんな凶悪事件が発生しているマツダ自動車。そこへ追い打ちをかけるかのように新車販売台数でも苦戦しているらしい。「新車販売急減の理由」も少し前に考察してみましたが、まさに泣きっ面に蜂、弱り目に祟り目状態。

でもそこへマツダの救世主として登場するのが、来年2017年にフルモデルチェンジする新型CX5。初めてフルスカイアクティブ技術を搭載したSUVですから、マツダとしては何としても新車販売台数の増加を狙いたいところだと思います。

CX-6 ベストカー 発売日
ベストカー2月10日号
そしてこの新型CX-5をベースとした三列シートの新型SUV「CX-6」が同じく来年2017年に発売されるとのこと。果たしてCX6とは一体どんな車なのか?願望や考察も込めていろいろと最新情報を簡単にまとめてみました。