スポンサーリンク

2016年6月30日木曜日

ホンダ ジェイド 5人乗りモデルが発売へ

ホンダ・ジェイドが売れないらしい。2016年5月の販売台数はハイブリッド車が297台、ガソリン車が116台だったそう。最近割安な1.5Lターボが投入されましたが、やはり売れてるのはHVの方。

ホンダ ジェイド 二列シートの5人乗りモデル
マガジンX8月号
そこでテコ入れのために「2列シートの5人乗り」ジェイドが2017年中には発売されるらしい。ジェイドのメイン市場の中国では既に導入済み。だからいち早く日本国内にも導入すればいいと思うんですが、発売時期は前述の通り、2017年以降とのこと。具体的な時期は今の所不明。

また価格は未定なものの、割高な価格設定を理由にしているので先代ストリームの価格に近づけるのではないでしょうか。スバル・レヴォーグあたりがライバルになるのかも知れませんが、どこまでジェイドの販売を伸ばすことができるのか。

メルセデスベンツ GLCの実燃費はどれぐらい?

メルセデスベンツの売れ筋SUVといえば「GLC」。日本では今年デビューしたばかりの新車種ですが、日本国内の販売台数的にはEクラス並に売れているそう。

価格が最低でも600万円以上するのでそこまで気にする方がいるとは思いませんが、GLCの実燃費はどれぐらいなんでしょうか?

2016年6月29日水曜日

新型 プリウスから特別仕様車「セーフティープラス」が早くも発売へ!【8月8日】

トヨタ プリウス 特別仕様車 セーフティープラス
マガジンX8月号
昨年末にモデルチェンジした新型プリウスですが、早くも特別仕様車が発売されるらしい。その名も「プリウス セーフティープラス」。

2016年6月28日火曜日

ベンツ 新型 GLBがめっちゃかっこいい件!【画像まとめ】

メルセデスベンツGLB 2017年後半以降に発売 画像と写真
マガジンX8月号
メルセデスベンツから新型SUV「GLB」が新しく発売されるらしい。その名の通り、BクラスをベースとしたSUV。

Aクラスをベースとした「GLA」もかなりヒットしたので、きっと日本でも導入されるはず。そこで、この新型GLBについて簡単にまとめてみた。

2016年6月27日月曜日

【ホンダ】次期CR-V フルモデルチェンジ最新情報まとめ【新型SUV】

2016年以降に廃車になるホンダ車」でCR-Zやレジェンド、NBOXスラッシュについて触れましたが、いよいよCR-Vも国内から消滅するのではないかというウワサ。既にオーダーストップ状態。

2016年後半にフルモデルチェンジするCR-Vの画像と写真
マガジンX7月号
ただアメリカでは毎月25000台以上売れているなど、海外販売では絶好調のCR-V(開発コードは2HX)。それが早くも2016年末頃にフルモデルチェンジを予定しています。

もしかすると日本国内にもいずれ新型CR-V導入されるかも知れないので、とりあえず次期型モデルのフルモデルチェンジ情報を簡単にまとめてみました。

2016年6月26日日曜日

ステップワゴン ハイブリッド 最新情報 まとめ!カタログ燃費は27km/L超えへ!

ステップワゴンのハイブリッド化は当初2015年12月頃というウワサ。ましてや何度も何度も遅延した結果でそれ。今では話題にすら上がらず、自分の中ではすっかり「出ない」と思い込んでいました。

ホンダ ステップワゴン ハイブリッドの写真と画像
magX8月号
ただ、いよいよステップワゴンのハイブリッド化の現実味を帯びてきたそう。ちなみに「いつ発売するのか?」ってことですが、発売時期・発売日は来年2017年9月頃とのこと。

2016年6月25日土曜日

トヨタ ミライ vs ホンダ クラリティ おすすめ比較 買うならどっち!?【燃料電池自動車】

ホンダの燃料電池車「クラリティ フューエルセル(クラリティFC)」が今年3月にリース販売されて、既に早3ヶ月4ヶ月。ちなみに今年中に個人向けリースが行われる模様。

トヨタ ミライとホンダ クラリティを比較してみた
そこで同じ燃料電池車(FCV)であるトヨタ・MIRAI(ミライ)と比較してみました。電気自動車もそうですが、水素で走る燃料電池車ってことであまり違いはないのかと思いきや、意外に異なる部分も多かった件。

2016年6月23日木曜日

スマート 新型 フォーフォー 実燃費と試乗 まとめ

スマートから二代目 フォーフォーが今年2016年1月に発売されました。ヨーロッパでは2年ほど前に新型 フォーフォーが発売済みだったそうですが、最近は毎月数百台ほど売れてるらしく、先代よりはそこそこ注目されてるフォーフォー。阪神タイガースのリリーフカーとしても随分前から使われています。

この新型 フォーフォーはルノー・トゥインゴとプラットフォームが同じで、駆動方式はいまどき珍しいRR方式。エンジンが後ろに配置されてて、後輪タイヤを回すというタイプ。またエンジンもトゥインゴと同じく1.0Lエンジン。最高出力が52kW(71PS)、最大トルクが91Nm(9.8kgm)。カタログ燃費は22.3km/L。

そこで気になるのが新型フォーフォーの実燃費。いくら輸入車とはいえ、こういった車は燃費でナンボみたいなところがあるので見ていきたいと思います。

2016年6月22日水曜日

おすすめ チャイルドシート 人気一覧まとめ!一番安全なのはどれか?【口コミ】

自動車事故対策機構(NASVA)による、自動車の安全性能をチェックするアセスメントは一般的にも有名だと思います。

ただチャイルドシート製品にも安全基準を定めた「チャイルドシートアセスメント」というものも既にやってるらしい。2001年度から実施されてて意外に歴史が長い。自分が独身だから知らなかっただけ?

そこで最近2015年度版のチャイルドシートアセスメントが発表されました。出荷台数の多かった売れ筋6モデルをチェックしたということなので、自分なりの考察を含めてまとめてみました。

カーナビ 盗難 故障で自動車保険は適用されるか?

警察庁によるとカーナビ盗難被害件数は年々増加傾向だそう。理由はインターネットオプションで転売しやすいから。だから購入するときには注意しましょう。もし盗難品だと発覚したらそのカーナビを返却しなきゃいけなかったはず。

ジャフメイト7月号
そこで気になるのが、もし自分のカーナビゲーションが盗難された場合、果たして自動車保険を利用することはできるのか?保険金を請求できるのか?もっと言うとカーナビの故障でも保険金は下りる?

2016年6月20日月曜日

トーヨータイヤ トランパスMLの評価 評判 口コミ まとめ(Mクラスミニバン専用タイヤ)

driver7月号
トーヨータイヤから最近、Mクラスミニバン専用タイヤ「トランパスML」が発売されたらしい。上級グレードやエアロ系にマッチしたタイヤ性能というのが触れ込み。ウェット性能はトランパスmpZと同等なのに対して、転がり抵抗性能を8%向上もさせたそう。だから低燃費ラベリング制度でも「AA-b」と高評価。

そこでインターネット上の口コミとかではないですが、「TRANPATH ML」に関する各自動車雑誌の試乗評価をまとめてみました。

【悲報】プリウスのセンターコンソールが石けん箱みたいだとディスられる

最近「オール国産車輸入車完全アルバム2016」という本を購入したんですが、そこに掲載されていたトヨタ新型プリウスの紹介文が少し笑った。

◯×で良い部分と悪い部分が一言で書かれてるんですが、プリウスの場合は「センターコンソールが石けん箱みたい」とダメ出しされてました。そんなワケないだろうと思って見てみたら、確かにそうとしか思えなかったw

2016年6月19日日曜日

ダイハツ キャストの意外な人気グレードとは?【おすすめ】

ダイハツ・キャストは画像の「アクティバ」や「スタイル」や「スポーツ」といった幅広いグレードが展開されています。そこで気になるのが、どのグレードが一番人気なのかという疑問。

そこでダイハツ・キャストのおすすめ人気グレードをまとめてみました。

ダイハツ コペンのおすすめ人気グレード

ダイハツの軽オープンカー「コペン」にはエクプレイ、ローブ、セロの三種類のグレードが発売されてますが、果たしてどのグレードがおすすめなんでしょうか?

2016年6月18日土曜日

結局 三菱自 eKワゴンと日産 デイズの実燃費ってどうなん?

eKワゴンやeKスペースなど、三菱自動車による燃費不正が発覚して、早二ヶ月。日産へ供給しているデイズ・デイズルークスも含めて、これまでの購入者に一台10万円の賠償金を一律に支払うことを決めたそう。総額は650億円以上の規模だとか。詳しい話は三菱or日産ディーラーさんで聞いてください。

ベストカー6月26日号
でも気になるのが、そもそもeKワゴンの実燃費はどんなもんなのか?果たしてそこまで悪燃費なのかどうか?

2016年6月13日月曜日

ホンダで2016年以降に生産中止 or 開発中止される車種まとめ

つい先日、ホンダのハイブリッドコンパクトスポーツ「CR-Z」が生産中止されたことは記憶に新しいです。その記事では軽く敗因を分析してみました。

ただホンダが生産中止や販売中止される車種はまだまだ存在するらしいです。そこでその一覧をまとめてみました。

2016年6月10日金曜日

ホンダ CR-Zが生産中止へ! なぜ不人気だったか理由を考察してみた

ホンダ、「CR-Z」を年内生産終了。6月10日より特別仕様車「α・Final label」発売
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1004378.html
ホンダのハイブリッド コンパクトスポーツカー(2ドア4シーター)だったCR-Zがこのたび生産中止が決まったそう。2010年2月に登場したものの、そのままフルモデルチェンジを迎えることなくご臨終。

CR-Zは全世界で年間4~5万台の販売を見込んでいたそうですが、フタを開けてみたら6年間で累計4万台程度だったそう。最近の日本の販売台数は2015年10月から2016年3月の半年間で月平均92台ですから納得。何度もマイナーチェンジや一部改良を繰り返したものの、まさに大惨敗。

そこでCR-Zが何故不人気車だったのか理由を考えてみました。

2016年6月5日日曜日

【2017】パッソ vs イグニス 徹底比較まとめ 人気Aセグ買うならどっち!?【2018】

driver7月号
つい先日6年ぶりにパッソがフルモデルチェンジ。そこで自動車雑誌「driver」さんが、同じAセグメントであるスズキ・イグニスと比較されてました。

これまではパッソがAセグメントの牙城だったと思いますが、果たしてどっちがおすすめできるクルマなんでしょうか?それぞれ比較したグレードは、パッソが「X Gパッケージ(車重は910kg)」。イグニスは「MZ セーフティーパッケージ(車重は880kg)」になります。

スズキ アルトラパンの実燃費が意外に悪い?

スズキ・アルトラパンがフルモデルチェンジしてちょうど一年ぐらい経ちました。そこで改めて気になるのが実燃費。ちなみに中間グレードの「S」になります。

2016年6月4日土曜日

2016年5月新車販売| スズキ15%減もダイハツ ホンダは増えたのか?

先月スズキも燃費に関してポカをやらかしましたが、2016年5月の新車販売台数が15%ほど落ち込んだそう。三菱自動車や日産は言うまでもなく撃沈。そもそも販売するタマ自体を未だに生産できてませんから。

そこで気になるのがダイハツやホンダの売れ行き。いわゆる「漁夫の利」ってやつを得たんでしょうか?

2016年6月3日金曜日

ヴェルファイア(アルファード)ガソリン車の実燃費

トヨタの高級ミニバン車といえば、ヴェルファイア(アルファード)。ハイブリッドの最上級グレードだと700万円近くしますが、やはり売れ筋グレードはガソリン車。特にヴェルファイアだとガソリン車の方が5倍ほど売れてます。最廉価グレード「X」の価格は320万円前後ですので安いといえば安いです(笑)

だから、いくら高級ミニバンとはいえ経済性は重要ということ。果たして2500ccエンジンを搭載するヴェルファイア「X」の燃費は良いんでしょうか?

トヨタ SAIの実燃費ってどれぐらい?

トヨタの高級ハイブリッドセダン車といえば、SAI。2016年4月の販売台数は291台とトヨタ的にはあまり奮ってませんが、価格が400万円近いことを考えたら「そこそこ売れてる」とも言えます。

このSAIの売れ筋人気グレードは「G」。カタログ燃費でいうと22.4km/L。果たして実燃費はいかほどなんでしょうか?

2016年6月2日木曜日

実燃費とカタログに乖離がある自動車メーカー 意外な一位とは?

最近は三菱自動車や日産、スズキなどが燃費の問題で世間を騒がせていました。要はカタログ燃費をごまかしてたのではないかという疑惑。でもカタログ燃費と実燃費に違いがあるのは周知の事実で今更感もあります。

じゃあ実際問題として、各自動車メーカーはカタログ燃費と実燃費ではどれほどの違いがあるんでしょうか?e燃費に掲載されている情報を元に、ベストカーさんがカタログ燃費達成率を割り出してくれたそう。

2016年6月1日水曜日

スズキ イグニスのおすすめ人気グレードがやっぱりアレだった件

先日2月から新しく発売されたスズキ新型イグニスが割りと売れてるらしい。そこで気になるのが人気グレード。

果たしてイグニスはどのグレードが人気なんでしょうか?おすすめできる理由を含めて考察してみました。

トヨタ ランクルに70周年特別仕様車が発売へ!フロントマスクが一新?【16年8月29日】

トヨタには複数のディーラーが存在してますが、今夏8月29日にトヨタ店が創立70周年を迎えるらしい。それを記念してトヨタ店にラインナップされている車種の特別仕様車が次々と発売される模様。

マガジンX7月号